2016年07月30日

フアンの屁理屈を封じる文句のない三連勝

またまたの三連敗かと覚悟していたヤクルト戦にまさかまさかの三連勝です。真夏の夢ならぬ真夏の正夢であります。その戦いの中には未来の阪神を想像させる鉱石が沢山チッリバメられています。昨日まで金本タイガースに不満を抱いていたトラキチの口を完全に塞ぐ痛快な三連勝です。新旧のホームラン王を擁するヤクルトも今年どうもいけません。阪神同様この投手が投げれば勝つと言える投手がいません。藤浪同様エースの小川がいけません。石川も37歳とピークを越しています。今回の三連勝はこの石川を緒戦で打ち負かしたことが阪神に勢いを齎しました。石川の150勝阻止です。成瀬はロツテのエースだつた投手です。阪神も食指を動かしましたが、大阪嫌いだとかで見向きもされませんでした。阪神に失礼なことをしたのでバチがあたつたのでしょうか?セリーグで全く通用しません。広い甲子園で投げていたら持つとピツチングに余裕が出ていい結果になつていたかもしれないのに、ザマーミロであります。つまり投手陣が整備されていなければ今の阪神と同じなのです。今の阪神に三連敗するとは昨年の覇者とも思えません。「人を呪わば穴二つ」と言います。ヤクルトをバカにするのもこの辺にしておきましょう。原口よ大輪の花と咲け!、北条よ鳥谷を凌駕せよ!江越よ外野の要となれ!
posted by マスター at 10:02| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: