2016年07月27日

野球音痴のオーナーから何の指示を仰ぐの?

本日のデーリーの一面は阪神スカウト陣が今季のドラフトの情報を坂井会長に報告したことが出ています。野球を深く理解しているとは思えない坂井会長にこんなことを報告して何の指示を仰ぐのでしょう。鳥谷なんて関係ないのに記事は未だに鳥谷後継として高校生野手二人の名前があがつていると書いています。もはや鳥谷云々なんて関係ないでしょう。ドラフトのこんな戦術的なことを報告したとして肝心の坂井会長は何か具体的意見でも指示するのでしょうか。もし彼がそのレベルにあれば阪神という球団はもつと素晴らしい球団となつているはずです。坂井会長を見ていると、なにか力を削いだ威張るだけのナベツネを見ている様な気がしてなりません。阪神の諸悪の根源は坂井会長の存在いに極まると言えます。阪神の崩壊状態にある現在の投手陣を思えば二、三年は全部投手を指名してもいいくらいです。打者部門は外人などに当たればまだ補填強化は可能ですが投手はなかなかそうはいきません。それに投手の技術の具体的レベルアツプを目的にした育成するシステムも構築しなければダメです。今のままでは阪神の投手コーチは毎年何を教えているのかさつぱりわかりません。何年立つても一人として成長する投手がいないのはおかしくありませんか?もしこのことに気がついていて球団が何も手を打たないのだとしたらこれも阪神の異常と言えます。死んだ子の年で申し訳ありませんが、二、三年前に有原(現日ハム)を指名して外れましたね。もし彼を射止めていれば藤浪、有原と揃つたわけです。強固な投手陣が築けたのですが、惜しいことしちゃいました。
posted by マスター at 10:30| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: