2016年06月29日

坂井よ金本の梯子を外すなかれ

阪神の坂井、四藤の首脳陣は「一度チームを潰してしまつて」というお墨付きを与えて、金本、掛布に超変革を託したそうです。ならば尚のこと現状にジタバタする必要はないのではありませんか、それ程の覚悟があるのなら早番鳥谷を岩田を秋山を戦力外として仕舞えばいいのです。今時鳥谷でチーム再建をなんて考えている馬鹿なトラキチはいないでしょう。心配なのはセ、パ分裂の時に大毎にしてやられて以来の馬鹿、アホ、ノーテンキ揃いの阪神フロントの事です。鳥谷に将来監督の約束手形を出していないか?ということです。鳥谷の打率は落ちるばかりです。彼の技術の問題もあるのでしょうが拗ねて金本に当てこすりしているのではないかと勘ぐりたくなる鳥谷の打率降下スピードです?この上彼を阪神の将来に役立てようなんて考えないことです。高山、江越、横田、北条、陽川、原口、中谷と人数だけで言えば今のレギュラーを一掃出来る新人新鋭がそれに応える活躍をして見せてくれました。少し気恥ずかしい成績ですが高山はフアン投票でオールスターに選出されました。一人も出なかつた昨年に比べれば上出来の部類でしょう、またオールスターを見る阪神フアンも気が入るというものです。惜しかつたのは捕手部門の原口でしょう。フアン選出があればブレークに勢いがついたものと思われます。あと七十試合名前を挙げた七人から一人でも多くの ブレークを期待してしまいます。後は球団が選手選択の眼力を磨くことでしょう。しつかりした調査能力を持つべきです。外人の獲得に関しては金本のシーズンオフ韓国派遣、南米にそのための拠点を 設けるなど、せつきょく策が報じられています。そこに期待しましょう。モタモタしてるとお前のクビが飛ぶぞ坂井!選手を鳴尾浜で腐らせてきた球団、彼らをまず蘇生させようとする金本どちらが正しいか一目瞭然
posted by マスター at 10:34| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: