2016年06月29日

核なき投手陣いつまで続く七転八倒

阪神の投手陣が弱つてきました。一対戦3連敗いを二度もやつてしまいました。こんなことは昨年辺りまではDENA の専売特許でした。こんなことはチームに実力がないことを証明しているのです。歯止めの出来る投手の不在をしめしています。その象徴が能見です。登板すれば経験んからそれなりの投球を見せますが、もはや勝ち星を計算できる投手でなくなりました。今阪神には2勝1敗ペースでシーズンを乗り切れる投手は一人もいません。こんな投手陣の状態を私は当初から予測していました。私は岩田が大嫌いです。それは負けるからではなく先発で出てきたときに勝てるというオーラが皆無だからです。けなしてばかりで可哀想ですが、今では二軍から上がつてくる気配さえないでしょう。その程度の投手なのです。とにかく阪神は先発組からは江夏以来スター投手が出ていません。井川にその片鱗がありましたが彼は阪神に根をおろしませんでした。最近では藤川が一番印象の強い活躍をした投手ですが残念ながら先発のエースではありません。久しぶりのスター投手誕生を期待される藤浪も四年を迎えた今年むしろ退歩しているようなピッチングを見せているのです。いうまでもなく同期の大谷には大きな差をつけられてしまいました。ここまで適当な壁を破れない阪神投手の群れ、群れと一括り呼びたくなるほど傑出が見られない投手陣のまま今日まで戦つてきました。しかし一対戦3連敗を止めれる投手が居ないほど弱体化してしまいました。藤浪は誰が管理しているのでしょう。彼の才能に任せて放任しているのでしょうか、コーチにも強い指導性が見られないのです。その阪神に珍しく岩貞という投手が現れました。昨日の敗戦で個人成績は負け越しになりましたが今の阪神ではこんな表現しかできませんが最も投手らしい投手と言えます。会社はチームをマネージをどう考えているのでしょう。優勝を目途とするならば今のような陣容で良いと思つているのでしょうか、投手陣に限らず選手を確保する戦略は12球団最低といつていいのが阪神の編成担当でしょう。昔、巨人に次いで二位でいいなんていうとんでもない社是の元に存在してきた阪神です。その精神が今の阪神の投手陣の姿に深く滲み出ているのかもしれません。
posted by マスター at 10:24| Comment(2) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
能見の直近3年の勝敗(14〜16途中)↓

14年*9勝13敗-4
15年11勝13敗-2
16年*5勝*8敗-3
通算25勝34敗-9

(注)2016年7月20日現在
Posted by 勝積 at 2016年07月20日 10:24
能見が衰えてきているのが、貴殿のデーターでもわかりますな、とりあえず岩貞に1本立ちしてもらいましょう。あとはジョンソン見たいのを探してくるしかありません。今季シーズンオフの金本の韓国訪問きたいしましょう。
Posted by at 2016年07月23日 10:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: