2016年06月25日

チームに浸透するか意識改革

捕手ー原口
一塁ーメヒア、レナード、クラスの外人
二塁ー上本
三塁ー陽川
遊撃ー北条
左翼ー高山
中堅ー横田
右翼ー江越
いずれはこんなオーダーを、考えている様な金本の思いきつた選手起用ですー上記の中でセカンドの上本だけが金本以前からレギュラー扱いを受けていたたった一人の選手です。ここは私の趣向で上本とさせてもらいました。あの小さい体に秘められた闘志と野球センスをこのまま埋もれさす手はないからです。精神で野球を表現できる貴重な存在の選手です。鳥谷とは対角線上の選手と言えるでしょう。好き好きはそれぞれのかつてです。しかし鳥谷の様な選手を10年チームリーダーの扱いをしてきた阪神の目は全つたく信頼が置けません。上本を除けば殆ど真白な半紙にはじめて金本が筆を染めた選手ばかりです。今は二軍に落ちている選手もいますが一応 みんな金本(私達にも)に希望を抱かせる答えを出しました。その最高傑作が捕手原口でしょう。勿論これで阪神のレギュラーが確定したわけではありません。今のところ夢のオーだーというところでしょう。金本が示した方向性で大和や良太や今成の立場がより厳しいものになりました。柴田や緒方は遠くに消え去つた感さえあります。梅野もまさかの控え捕手でしょう。その上で金本が望むのは彼らの反骨ではないでしょうか、このまま消え去るか生き残れるかこの戦いこそが超変革へのエネルギーと なるのではないでしょうか?
posted by マスター at 10:09| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: