2016年06月21日

岩崎よ岩貞よ阪神の未来を背負えるか?v

岩崎が先発投手としての役目を果たす投球をしました。これからの阪神のローテーションから岩崎と岩貞は外せません。二人とも一つの山のように突如の大崩れを見せるときがあります。ここを克服することが二人の今後の大きな課題と言えます。そこを除けば二人とのピッチングスコアーカテゴリーは独り立ちに充分なものを残していると言えます。前コーチの山口や中西が何年かけても先発投手一人育てられなかつたバカバカしさを思えば岩崎と岩貞の二人の名前が浮かぶ現状は雲泥の差と言えます。これに外人投手の10勝級を球団が血眼になつてさがせば言い訳です。この努力をフアンの目に見えるように球団がするかどうかが鉄壁ローテーションの編成に関わつて来るるのです(球団よフアンを舐めずに真面目にやれということ)岩崎の好投にも300勝投手小山は「もう少し長いイニング投げることに腐心せよ」と厳しい忠告をしています。完投こそが投手の至上のものという意味でしょう。走つて走つて300勝をものにした大投手の金言なのです。岩崎や岩貞がヘロヘロ投手で終わるか終わらないかこの小山のサゼスチョンの裏を読みとらなくてはなりません。
posted by マスター at 11:10| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: