2016年03月20日

未経験の金本が野村、星野に擬せられる重圧

野球の監督として一番大切なことは野球を深く考察し、そこに実戦の作戦を編み出す能力を持つていることでしょう。そうゆう創意工夫を持ち合わせていない監督の野球は平板で面白くありません。勝とうとすることと強くしようとする工夫の両面がみられた野村野球、 殊勲打を打つて還つて着た赤星をベンチの前でハグして見せたり選手を鼓舞する巧みな野球を展開した星野野球、野村野球で優勝の花は咲きませんでしたが、阪神フアンを高揚させてくれた部分では、華やかな星野野球となんの遜色もない二人の監督と言えます。 阪神では数少ないフアンと共にあつた名監督でした。いつも言いますがこのほかの監督がいかに存在が薄くお粗末だつたかがわかるというもです。フアンの共感を得られずフアンのブーイングの藻屑と消えた監督がほとんどです。吉田にして然り最高の打撃陣に恵まれ阪神唯一(恥ずかしいながら)の日本シリーズ制覇監督の栄誉を得ながらその後の備えを怠り凋落の一途はとても名監督だつたとは言えないでしょう。球団が期待していた岡田も最後はチームを明るい方向には導けませんでした。さて金本は阪神に現れた久しぶりに後光を背にした監督と言えます。その期待はこのところの監督だつた岡田、真弓、和田等の比ではありません。彼には選手を圧到するカリスマがあります。これが横田の様な選手の心に伝わるのでしょう。ここしばらくこんな成績をオープン戦とは言え残す新鋭が阪神にシーズンを前にして現れたことがあつたでしょうか、これこそ監督金本の才能の身に備わつた最高の部分です。選手の心に伝わる無言の威圧感と言うべきものです。野球に100戦100勝はありません。野球に取り組む厳しい姿勢を持つ金本采配どんな結果を導くか大いに楽しみですが、次から次ぎに新しい戦力が湧き出てくる様な活力をチームに植え付けて欲しいものです。これは野村も星野も阪神では成し得なかつたことです。今名前の揚がつている新鋭がシーズンも活躍するとしたら自ずと金本阪神の目指すものが具象化して行くということになります。ぜひ六球団で争うペナントです。6年に一度は優勝するか、優勝を争う様なチームを造くつて欲しいものです。神宮の左翼席から罵声を受ける金本は見たくないものです。
posted by マスター at 10:12| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: