2016年03月15日

プロ野球界を浮沈の瀬戸際に追い込んだ犯人は誰❓

今もニュースステーションで古館伊知郎とコメンテーターが深刻な顔をして巨人に発症した野球賭博事件に関連した話をしています。話の結末は問題の解決を司直の手に任せるべきという内容になつています。野球界で野球バカが起こした事件ですが小さな世間知らずの世界が引き起こした問題がいま大事件になりかけています。小さな世界、野球界の事件とはいえこの不祥事の発生した根元には多くの社会の正義や良心の立場にある人達が己の利益のために大読売の不祥事に口を閉ざし今回の事態に至るまでの原因をお互いで醸成(読売の増長)して来たことも忘れてはなりません。(阪神とて同類です)今日のニュースの中でも、朝日新聞のスポーツジャーナリストの重鎮西村某がはつきりと読売の影の力を口にしています。そのことを西村さんも十分自覚していたということでしょう。たとえそれが貴方の言う通り今日の不祥事の根源であつたとしても。西村さん貴方はどんな力でその不正に立ち向かつたというのでしょう。朝日と読売なんて小さな問題を超越して考えてみてください。巨人が有力選手に規定外の裏契約金を払つていたことは有名な話です。江川事件は一応法律的には許容範囲のものだつたとしてもフエアーであるべきスポーツ界の問題処理としては大いに馴染まないものでした。世の中にはこの様な問題処理が充満しています。その一つの例として東芝が起こした粉飾事件は会社の行く先を妖しくしているのです。もし野球界というものがあるとしたら過去の読売の不正に目を瞑つてきたことが大きな禍根になりかねない淵に今野球界は在るのです。そのことに野球に関係する者が気がつかなくてはなりません。今日のニュースステーションんもそうですが、スポーツに一家言を持つ玉木とか二宮など著名なポーツ評論家の他人事の様な言辞は聞くにも耐えず許すこともできません。巨大な鬼読売を阻止できなかつた正義の力の無力さ、まさに後悔先に立たずの時をプロ野球界は迎えているのです。数々の捻じ曲げられた力で積み重ねてて来た巨人の栄光、それでも有難くフアンは存在しているのです。たかが野球と言つて仕舞えばことはそれでお終いなのです。傲慢で乱暴なナベツネに振り回されてきた野球界恥を知れというところでしょうか、選手に小粒な聖人君子を求めません。野球界は奔放な才能がのびのび飛翔する環境でなくてはなりません。野球界に賢者あらばそんな環境を選手の為に作ることにこそ腐心するべきです。。賭博とは異なる不可解な事件が笠原選手の口から漏れてきましたこ。この件は昨年末NPBに報告されていたそうです。しかそのことでコミッショナーが具体的に動いたという話は聞いたこともありません。日本のコミッショナーなんてそんなものですよ、小さな世界の保護者の域をでないのです。メジャーリーグのソレとは月とスッポンの違いありということでしょう。とんでもないボールを投げられてあの熊崎さんさぞかしオタオタしていることでしょう。
posted by マスター at 10:13| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: