2016年03月15日

山口と中西は長年何をしていたか?

150キロが出なければ一流投手とは言われない現代ですが、山口高志が頭角を表した頃は当時では随一の速球投手の名を欲しいものにしたものです。プロ入り後もその投球はフアンの耳目を集めたものです。投げ方が悪かつたのか肩を壊したこともありプロでの現役活躍期間は短いものでした。スピード計測機が出てきたばかりの時代その剛球には羨望を覚えたものです。昔から名選手名監督ならずという諺がありますが、教えるということにおいて山口はその典型ではなかつたのでしょうか、阪神での中西とのコンビのコーチ時代は全く育成の成果を残していません。その手塩にかけた屍が鳴尾浜に累々としています。これは彼らの手腕の拙さもあり、阪神の選手の選び方(玉の悪さ)に欠陥があつたとも取れる微妙な問題でしょう。従来阪神はこの様な内部のバランスに真剣に取り組んできていません。山口、中西と編成とが罪のなすりつけをしていたとしても仕方ない程に球団の無神経が目立つ分野と言えるのです。その山口高志がデーリー誌上で「いでよ若虎」なんて今頃寝言をこいています。在任中に一人の一軍投手も誕生させられなかつた凡庸のコーチが外から余計なことを言わんといてや、であります。石崎の力の入れどころなんて偉そうに語つています。今香田や金村が一生懸命指導している最中だぞ!岡田にしても山口にしても外からごちゃごちゃ言うなチュウモンヤ大した功績もないくせに!真弓や和田を見ろ反省しておとなしくしているやろソレデイイノダ!
posted by マスター at 10:06| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: