2016年02月23日

金本の目の高さを証明できるか高山

高橋純平をスルーして高山にドラフト一位を変更した阪神の行動はフアンの訝りを招きました。高山はヤクルトの一本釣りがほとんど確実視されていたからです。それにかつての岡田以降大卒の選手に阪神での成功例がありません。高山への路線変更は何か不吉を感じてなりませんでした。どうしてもハツキリ言つて失敗した伊藤隼太がダブるのです。何度も言いましたがこの変更には新任監督の金本の意思が作用していると想像されます。もちろん高山自身が6大学の安打記録を更新した実力者であることは私も承知しています。しかし私もここしばらく6大学リーグは見ていません岡田すら球場に見に行つていません。田淵までです。しかしこの高山によほど素晴らしいものを金本は見たのでしょう。そうでなければ投手陣の補強が急務だつた阪神の路線変更は考えられないことでしょう。阪神のキャンプからは打撃に関する明るいニュースが溢れてきます。その一つ高山についての事前評価も掛布の目で太鼓判が押されるほどです。昨日それを売らずける様に二軍戦で3の3です。掛布自身のデビュー実戦5の5を思い出してしまいます。阪神に必要なのはそこそこやれる選手ではなくスーパースターが必要なのです。ドラフトに自分の意見を通させる監督が過去の阪神にいたでしょうか、今のところ金本監督就任の余波は良いものばかりです。
posted by マスター at 10:04| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: