2016年02月20日

KーKラインの敬虔新たか

金本がバットを持つて選手を指導している写真が最近デーリーによく出ます。その中で金本が手にして指導しているバットが魔法の杖に見えてくるからマカ不思議であります。監督に就任してすぐ彼は野手陣に強い打球を打つことを卒直かつ単純に要求しています。そのことを中心に彼は今皆んなを指導をしているのでしょう。そのせいかどうかまだ断言はできませんが、オープン戦(練習試合)楽天戦で注目の選手、期待の新鋭が金本の要求に沿う様な素晴らしい打撃を見せて圧勝しました。金本の姿勢、指導方針がはつきり選手に伝つているのが分かる結果と言えます。岡田や真弓や和田には求めようもなかつた具体的と言える指導力です。昨年の結果を含めて私は四番打者のゴメスに強い不満を持つていました。見た目から感じる彼への期待と結果があまりにも開きすぎるのです。アウトコースにくるくる回る外人は多く目にしてきましたがゴメスはさほどでもありません。打率もそこそこで体型も迫力があります。なのに彼の打球はスタンドに届きません。このことが四番打者として大いに物足りないところであり、阪神がなぜ彼を残留させたのか理解に苦しみました。しかし今日のデーリーを見て得心が行きました。ゴメス自身にも金本効果が如実に伝播している様だからです。金本はゴメスに40ホームランを求めている様です。当然のことです。肝要なことは金本の要求に応えようとするゴメス自身の練習姿勢です。全体の結果は約束されたものではありませんが全てが監督の意思の方向に向いていることは今年の阪神を心強く思える要点です。今の所金本丸は順調な船出をしたと見て良いでしょう。
posted by マスター at 10:09| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: