2016年01月24日

阪神の監督は巨人を下に見るプライドを持て

巨人に負けない闘志(作戦を司る頭脳を含めて)と気位(優位を保つ気力)これが阪神の監督として最も必要な資質です。阪神でほとんど成功していないプロパーの監督といえどもそれなりの野球の経験を基に監督の地位を得たはずです。しかし彼らにあつたのは長い間単なるプロ野球の選手だつたというだけのものです。闘志とはただ戦う姿勢のみを言うのでなく独自の戦法を伴つたものでなくてはなりません。阪神で成功した監督の藤本、野村(自分の主張での選手集め)、星野には強いオリジナリテイがありました。気位も唯の鼻つパシらでなく自身のオリジナリティに基ずくものでなくてはならないのです。彼らは巨人を警戒こそすれ、腹の中では何するものぞの気概に満ちていたはずです。星野などはその証拠に巨人には圧倒的成績を残しています(そうゆうチームを球団に造らせていた)巨人を叩かなくては阪神の監督として認められないということを星野は熟知していたのです。つまり原巨人を常に睥睨していたということです。戦う前に巨人を飲んでいたということです。栄光の経験の少ない阪神のプロパー監督にこの気概が育つわけはないのです。そんな監督に去来するのはいざという局面での敗者のみすぼらしさだけです。今いろいろ私も偉そうに語つていますが、和田監督を阪神が選択した折はその選択を好感を以つて受け入れたものです。彼の現役を知る私は和田にシャープな野球を期待したものです。しかし和田野球は阪神に根付きませんでした。巨人を圧倒する気概(戦法も)は見られず、その前で小鼠のようにうろたえるばかりの監督でしかありませんでした。ほとんどがこうゆう野球を繰り返して阪神を去つているのです。その繰り返しを払拭するべく阪神は金本を据えたわけです。キャンプインを前に彼の発言は厳しさを増しています。正直監督としての手腕は未知数といつていいでしょう。然し巨人の前の子ネズミで終わることは無さそうです。今までよりはテンション高くキャンプを見守りたいと思います。巨人を圧する闘志、気位を見せてくれ金本‼️ーーーーーーーーーーーーーーー掛布の一番弟子横田なんて繋がりも楽しみの一つです。気になることといえば梅野に関する記事が皆無だということです。坂本は確かに逸材なのかもしれませんが、明日にも正捕手が想像された梅野の「ウ」の字も出てこないのはデーリーさんおかしいんじゃないの?
posted by マスター at 10:04| Comment(2) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
阪神の対読売の100勝以上した投手との通算対戦成績(1965年のドラフト制以降)↓

対高橋(65〜75)
17勝34敗

対堀内(66〜83)
29勝48敗

対西本(75〜88)
16勝25敗

対江川(79〜87)
18勝36敗

対槙原(82〜01)
10勝38敗

対斎藤(83〜01)
15勝40敗

対桑田(86〜06)
35勝34敗

対上原(99〜08)
13勝18敗

対内海(04〜15)
15勝21敗


(注)高橋、西本との対戦記録は読売時代のみ。

・・・0点に抑え続ければ負けはありませんが、1点を取らなければ勝てません。
阪神が長年読売に苦戦を強いられた要因の一つに、記録が示す通り相手の柱の投手に牛耳られた歴史があるからです。
ドラフト以降に100勝以上した読売の投手は計9人いますが、桑田以外にはすべて負け越してます。
しかもただ負け越すだけでなく、高橋、江川、槙原、斎藤に至っては勝利の倍や、それ以上に大きく負け越してます。 阪神が過去いかに読売に見下されてたか、この数字で象徴されてます。
阪神が読売を見下すという歴史の定説を真逆にするには、相手の柱投手攻略も必要だという事が痛感されます。
そのてん星野監督時代(2年間)の阪神は相手の柱である上原を攻略してましたが、それがイコール読売の勝ち越しに繋がった訳です。金本阪神には、好投手に捻られ続けた非力な和田阪神とは違う一面を期待したいですね。

Posted by 勝積 at 2016年01月31日 09:55
阪神の暗黒時代がダブつていましたからホンマに見ていても勝てる気がしませんでしたね
Posted by at 2016年02月02日 11:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: