2016年01月24日

阪神はなぜ高橋から高山に変説したかを推量する

阪神金本監督の初仕事は2015年のドラフトでした。このドラフトで大方の阪神フアンが「オヤッ」と思う事態が起こりました。阪神のドラフト一位指名は岐阜の投手「高橋純平」と事前情報などから多くのフアンも決めつけていたのです。しかし蓋を開けてアッと驚かされました。耳を疑うアナウンサーの阪神一位指名「高山」の声です。突差の宗旨替えとしか取れないものでした。高山指名は大方がヤクルトの一本釣り成功と思われていたものに阪神が横槍を入れた形になりました。もちろん高橋を指名したところで元来がくじ運薄い阪神です、思い通りになつたかどうかはわかりません。この驚くべき宗旨替えに何があつたのか私は想像をたくましくしました。監督としての金本の強い要望によるものと考えられます。ここで彼は既に勝負に出ているのです。このようなことは番頭タイプの真弓や和田では到底あり得ないことだつたでしょう。その結果も当初ヤクルトが指名に成功したように報じられましたが、転じて阪神のくじ引き勝ちとなりました。強運にも金本は初仕事に自分の意思が通じたのです。そしてアベレージ打者と誰もが思つていた高山に即「ホームランを打てる打者へ」と命じているのです。そして今日掛布も高山のスイングに長距離打者の資質を認める発言をしています。この事実を見ても金本が高山の打撃にホームラン打者の資質をダブらせていたのがわかるというものです。もし高山の育成に失敗すればのつけから金本は洞察力を疑われかねないリスクを冒して勝負に出ていると言わざるを得ません。私の想像が外れていたら阪神は当たり前のように高橋を指名していたはずです。金本の意気やよし!掛布と力を合わせて阪神待望の強打者高山を実現してほしいものです。強く己の考えを通す今までのプロパー監督ではなし得なかつた自己主張と勇気に期待は高まるばかりです。私の推測が間違つていたらごめんなさいーーーー(追伸)概ね好意的に迎えられている、監督金本も不調が続けば例によつて退場口での聞くに耐えないトラキチの罵倒を浴びるのです。下に阪神の監督ほどしんどい仕事はないのであります
posted by マスター at 10:00| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: