2015年12月23日

新コーチ陣鳴尾浜の腐乱寸前の才能の再生ができるか?

鶴、秋山、岩本、歳内、岩崎、岩貞、横山、今年入団の竹内これだけ上げても8名います。タイガースがローテーション投手としての成長を心待ちしている面子です。先にあげた3名はカビが生えそうな歳月を阪神で過ごしてきています。阪神の育成方針が悪いのか彼らの資質の限界か今年あたりが生き残りのための最後のシーズンになりそうです。次の歳内は高校時代の釜田(楽天)との投げ相は私たちにも印象の深いものがありました。やや速球に勝る釜田は入団当初から頭角を現し一線に飛び出してきました。しかし肩の故障という投手には致命的な不運に見舞われ事後復活の兆しのないままです。遅れをとつていた歳内は昨年あたりから一軍で起用され出し鳴尾浜組としては首脳陣の口から将来への期待の言葉が聞かれる数少ない期待の星と言えるようになりました。まだ予断は許されませんが私も彼には期待しています。岩崎は実績も充分今年こそ勝ち数が負け数を上回る頼れる投手に成長するか飛躍の年となるか、やはりダメかとなるか、彼にとつては大切な年となります。阪神首脳が早くローテーションの一人となることを心待ちしている投手でしょう。岩貞も台湾では好成績を挙げたようです。私が見ていても投手としての形はできあがつていると見ていますが、何か物足りないのはウイニングショットを持たないことでしょうか、これは鳴尾浜組全体に言えることですが、今は150キロの速球が一流投手の条件となる分岐点です。この点で阪神の鳴尾浜組は総じてもの足りません。岩貞も横山もハズレ組とはいえドラフト一位の選手です。下を向かずプライドを高く持つて下さい。タツタ一人も一軍に送り出せなかつた山口、中西の沈滞無能のコーチ陣は更迭されました。滞留する鳴尾浜の投手達よ今年こそ自分の責任において長年の惰眠を打ち破るピツチングを見せて欲しいものです。大谷の2億円、藤浪の1億7千万君達も成績次第では手にできるものです悔しくはないのですか?
posted by マスター at 10:50| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: