2015年12月19日

選手がレギュラーを掴む難しさ

阪神は口では自前のホームラン打者の必要性を言つていますが、ここ数年素質を云々される打者は何人かいますが、どれも花実が咲いていません。これは長打力こそ天性のものを物語つているのではないでしょうか、とはいえこの度チームの指導者に金本、掛布の押しも押されもしないホームラン打者が着いた事でこの問題にも決着がつきそうです。さつそくその候補者として江越、横田、陽川、中谷らの名前が取りざたされています。江越こそ来季は2年目のシーズンですが、他の三人はすでに入団数年を経過している打者です。将来の4番打者と言われて久しいのです。しかし彼らが二軍で10ホームランを記録したなんて話は聞いた事がありません。私もそうですが熱心なトラキチは阪神の二軍戦の選手の日々の動向ぐらいは詳らかに見ているのです。今年北条が意外と本塁打(10本)を打つのにビツクリしているくらいです。かえつて北条は間違つた方向に行つているのではないかと心配になるくらいです。反面横田や陽川がバカスカホームランを打つて勝利したなんて話は聞いた事がありません。それでも金本や、掛布の口から期待の声が出るのです。横田、陽川の来季の変化を楽しみとしましょう。さて私は新井良太について幾つか感慨を述べてきました。阪神の自前のホームラン打者渇望症のわりには何か捨て置かれた良太の存在がモツタイナイ気がしてならないのです。降りきつた後に打球の行方を確信してバットを手から放してゆっくり一塁に向かう姿はホームランバツター独自のものです。良太もこの姿が似合う打者です。これも何度も申し上げましたが、彼は一ヶ月で6本のホームランを記録した事があります。これをホームラン打者の素質と言わなくて何というのでしょう。育てるというのならサードは今成でなくて良太にチャンスを与えるべきでしょう。(今成をダメだと言つているのではありませんよ)今日のデーリーで良太は20ホームランを狙うと言つています。しかしその勇図は試合に出られなければ叶いません。金本さん掛布さん今回名前の上がる4名より良太の成長を促すべきと考えますが、お二人は良太をどう見ているのか知りたいところです。彼もすでに32歳です。お二人がかれの資質を認めないというのであれば、わたしの意見は素人の戯言と引き込めます。常時起用すればエラーもするでしょうが実際20本は簡単に打つと思いますよ、これは今年チームないホームランリーダーの福留に並ぶ数です。意外性、破壊力、華ではお兄ちゃんより良いものを持つていると思います。巨人の岡本を今年数回目にしましたが、わたしの勘ですが大成の匂いがします。もたもたしてると追い抜かれるぞ江越、横田、陽川、中谷君❣️野球は最終的に九人しかレギュラーになれないスポーツです素質こそ第一のものですが、選手にとつて指導者(監督)との巡り合わせも無視できない重要な事なのでしょう。
posted by マスター at 10:05| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: