2015年11月29日

高山が伊藤隼太にダブります。

今日はドラフト一位の高山が大きく取り上げられています。阪神が事前の予想(高橋純平)を覆してドラフトで高山を指名した時には驚かれたフアンも多かつたと思われます。特にこれが金本監督の要望によるものと新聞には報じられています。金本の深い意図に文句をつけるほどの見識は私にはありません。されど投手力に懸念を持つタイガースが何故高橋純を回避して 高山を指名したか大いに気になるところでもあります。しかも右手を手術することを知りながら指名したことを金本は公言しています。ここは金本の審美眼に期待するしかありません。今日デーリーに載る高山の写真を見ると伊藤隼太にダブつてならないのです。とみに野球に関する東京6大学の実力の低下が喧伝される現在です。昔は頭が悪くても滅方野球の強かつた法政も少し学力を上げて野球は滅方弱くなつてしまいました(ごめんなさい私の倅も法政です)大学野球の大会でも優勝するのは6大学以外が殆どです。そんな時代のリーグで生まれた安打新記録の高山君を信頼できるのでしょうか、とにかく伊藤隼太にダブつて仕方ありません。阪神の6大学出の選手は意外と活躍していないのです。このことも気になります。私の見方が素人の深読みであることを願つて止みません。高山君、私の素人の深読みを吹き飛ばして金本監督の期待に答えてください。そうこうしているうちに西武が台湾の李振昌投手を獲つたことが報じられています。阪神は何をもたもたしているのでしょう。なんとしても良い投手を一人探さなくてはなりません。
posted by マスター at 10:16| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: