2015年11月23日

10勝級投手探してんの?

金本監督就任の興奮が一段落してデーリーの阪神記事も何かマッタリとしてきました。秋山や榎田関係の記事がちらほらと出るくらいです。球団にもフアンを興奮させるニュースのタネがないのかもしれません。明日にも入団の意思を明らかにするかと思われた高橋聡も一週間も経過しているのになしのつぶてみたいです。高野某本部長も「こちらからも連絡していない」などと高みの発言をしていますが、過去にもいくつもあつた例で高橋の方が阪神を嫌つているのと違いますか、あるいは何時もの様にもう高橋への手立てが尽きて阪神の編成の立ち往生ということかもしれません。とにかく交渉ごとに知恵のない阪神です。この話の推移も心配されます。他チームでは新しい外人投手の名前が飛び交つています。その実力のほどはわかりませんがそれぞれの球団の俊敏な活動は羨ましくてなりません。阪神は一番心配される先発投手の不足になんのアクションもしていません。まさか藤川を先発に計算してことを済ますつもりでないでしょうね、昨年巨人にマイコラス、ポレダ(散々阪神もやられた)と言う二枚の外人投手が入団しています。この二人も特別前評判が高かつた訳ではありません。しかし彼らがいなかつたら巨人はどうなつていたでしょう。2位どころでない大騒ぎとなつていたはずです。取る取らないは別としていま少し軽い気持ちで外人投手市場に阪神は手を伸ばせないのでしょうか、どうもこの件なども腰が重い様に思えてなりません。昨年シーズン途中で獲得したサンチャゴという投手はどうなつているのですかよ。一二度一軍で見ましたがもうお払い箱なのですか、今以上期待のできない岩田が四番手投手では激戦を勝ち抜くローテーションは無理です。静かになつてきた阪神マターのニュース、まさかこのまま3月25日を迎えるつもりじゃないでしょうね、阪神さん?
posted by マスター at 10:12| Comment(3) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
勝敗の7割は投手の出来で決まるといわれる野球です。先発4本柱で伸び代を期待できるのは藤浪ただ一人でしょう、これではコマが足りません。能見や岩田も調子を落とせばシーズン中のファーム落ちも考えられます。この4人に続く先発候補といえば左腕の岩崎くらいです。今年のドラフトでは即戦力として期待できる投手はほとんど見あたりません。金本監督誕生で話題ばかりが先行していますが、来季について考えてみると投手力の弱さを否めません。ストッパー呉が退団となると、先発として予定していた球児が代役となるでしょう。3Aで活躍していた元読売の村田投手のタイガー入りも消滅しました・・・。このままシーズンを迎えるようだと来季もまた苦戦するでしょう。
Posted by ボッチ at 2015年12月03日 09:08
阪神の試合がなくて萌えるものがありません。どうも阪神の補強には目を見張るものがありませんね、ブログにも書きましたが村田獲得失敗はいかにもそこつものはんしんらしくて 笑つてしまいました。事前の準備も何にもないのです。恥ずかしいですねぼっちさんも心配しているように計算できる投手の予定はないのですかねシカトしてこのままかもしれません。グチャグチャ言つているうちにキャンプインまで二ヶ月を切りました。新年がきますボッチさんも良いお年をお迎えください。来季も宜しく‼
Posted by at 2015年12月05日 10:32
ありがとうございます。来年もよろしくお願いします。
来季は少なくともここ数年のようなつまらない試合はないと思います。
新生金本阪神に期待しましょう。
Posted by ボッチ at 2015年12月06日 13:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: