2015年11月23日

やつと世界を見た二つの競技

今年のスポーツイヴェントで感動したものは第一にフェンシングの世界大会での太田選手の優勝、次がラクビーの南ア撃破です。二つとも私たちの世代の人間には夢の様な出来事だからです。フェンシングもラクビーも世界の大会に出ては負けの連続、詰まるところ出ると負けしか記憶がありませんでした。もちろん日本では二つともマイナースポーツですからいつ世界のレベルに追いつくかなんて見当もつきませんでした。フェンシングなどどんな大会でも日本は一回戦すら突破するのも至難のレベルでした。それが太田選手の台頭でイツキに世界でも勝てることが証明されました。一人の台頭で他の選手というか日本フエンシングのレベルも上昇している様です。ラクビーに至つては世界に追いつくのには百年を要すると私たちは見ていました。それはタックルを試みても弾き飛ばされ、そのまま引き摺られるシーンばかり目にしてきたからです。明らかに違う体格差パワーの相違は絶望を感じていたものです。そして決定的な事実として100点差をつけられる試合を見せられてもいました。この長く先の見えない日本の劣等感を一挙に覆したのが、あの南ア戦で見せた感動のワントライです。それを見ていた私でさえ「本当かよ!」と叫ぶほどものでした。ですから日本のラクビーを知る者の殆どは私と同じ感慨を持つたのだと思います。別に日本は決勝トーナメントの出たわけでもないのにあのワントライが日本の鬱々としていたラクビー界にもフアンにも黎明となつたのです。そこに男も惚れ惚れとする日本男子五郎丸の出現です。この成果を維持して行くのは大変なことだろうと想像しますが、とにかく「為せば成る」ということを見せてくれたフィフテーンに理屈抜きのおめでとうを送ります。以上二つの快事への私の感想です。
posted by マスター at 10:03| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: