2015年10月24日

金本血液で変わるか阪神?

伝統(長いと言う意味の)もあり、一定の資金力もあり、球団を経営するにあたり充分な力がありながら築いた歴史は身震いを覚えるような貧弱なものです。とにかく連覇がありません。それらしき力で優勝をしたときもあるのですが、その時の強さが持続しないのです。この事実が阪神タイガースの本質を表しています。優勝することにプライドを持たず、強くあることを会社が欲しない、適当に野球機構の中で浮遊することを是とする摩訶ふざけた会社だつたのです。その貧弱な歴史に反してフアンの支持は圧倒的という不思議な球団として存在しているのが阪神タイガースであります。まず阪神は真先に連覇という快挙を歴史の中に記さなくてななりません。それによつて初めて阪神は古豪としての歴史の体裁を整えるのです。今までのチーム造りでは到底その域に達するのは無理でしょう。持つとハツキリ言えば阪神は今までそういう意識の経営をしてこなかつたと言えるのです。やり方に間違いがあつても球界の盟主でありたいという巨人とは真反対にあつたといえます。巨人の存在で阪神巨人戦も伝統の一戦と言う有難いキャッチフレーズもいただいているのです。阪神が真摯に野球に取り組む姿勢らしいものを示したのは今回が二度目でしょう。監督として姿のいい金本をそこに据えてやつと心底から優勝を意識した経営に乗り出したと言えるでしょう。これは何度もお話ししてきた通り野村、星野の流れ以来のことです。その面からも金本体制におけるコーチの編成がどうなるのか興味があります。掛布の名前が出ました矢野の名前も出ています。ここまでは順調に来ています。ほぼフアンの気持ちも充足させる歩みとみれます。ここしばらくの腐りきつたコーチの布陣からの決別が見て取れます。さて今日今岡の二軍総合コーチという記事が小さく出ていました。これは私としては気持ちにひつ掛かるものを感じて成りません。彼は首位打者も取り打点王にもなりました。それも優勝に貢献して異彩を放つものです。しかし彼は現役時代野村監督から協調性を欠く性格を指摘されていました。平たく言えば変人性とでもいうべきものです。成績も抜群のものでしたが、隔年に好不調を繰り返すのも彼の特徴と言えました。金本が側に置いて厳しく薫陶するものであれば問題はありませんが、二軍総合コーチはそのような立場とは言い難いものがあります。変人今岡の日々の言動が金本体制に悪影響を及ぼす蟻の一穴にならないことを祈るばかりです。フアンには申し訳有りませんが私は鳥谷の出し惜しみにも今岡に通ずるものを感じます。彼もまた戦いの先頭に立つタイプではないのです。この私の見立てには間違いがありません。ゆえに金本も鳥谷を変に立てたチーム構成はしないほうがいいのです。但し彼が3割、30ホームランの打者に変身したら私の持論は引込めましょう。世の中には混乱混迷を好む人間もいます。そのような人間をスタッフとして用いるべきではありません。指導者の金本が強い性格の持ち主です。よもや獅子身中の虫に負けるような人間ではないでしょう。今岡を充分使いこなす度量を見せて欲しいものです。これこそ真弓や和田の小鼠ではできなかつたこれからの阪神の希望なのです。ぜひ掛布と力を合わせて優勝を我々に見せて欲しいものです。この布陣でそれが不可能ならばこれからの阪神には永久に優勝を狙うスタッフの構成は無理ということになります。金本体制が阪神最後の切り札という意味はそこにあるのです。今日金本が球児と会うとあります。ここのにも金本の存在の凄さがうかがわれます。球児がメジャーから日本に帰つてきたその行動に私は不思議な思いを持つてみていました。球児にかつての力はないでしょう。しかし帰国して真先に阪神の球団首脳と会うものと信じていましたが、球児の見せた行動は阪神フアンを焦らすがごとくのものでした。なぜ彼が四国の球団にいかなくてはならなかつたのでしょう。真実はわかりませんが、ここにも球児が素直になれない阪神球団の齟齬があつたように思えてなりません。球児が活躍できるかできないかはわかりません。しかし阪神を避けていたように見られる彼が金本だつたら会つてもいいと思つたのでしょう。こうして金本は阪神球団にできなかつた難事を解きほぐしているのです。星野でなかったら金本自身が阪神にこなかつたようにまさに人間の持つダイナミズムです。阪神には徹底的にここがかけているのです。星野で充分に勉強したはずなのですがーーーータイガースのレジェンド球児を遇する事が無駄に帰したとしてもその無駄は許されるべきものでしょう。あの安藤を阪神は未だに厚遇しているのですから!
posted by マスター at 10:05| Comment(1) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
12球団の日本シリーズ優勝回数(1950年以降)↓

読売ジャイアンツ↓
(出場34回、優勝22回)
西武ライオンズ↓
(出場21回、優勝13回)
ソフトバンクホークス↓
(出場16回、優勝*7回)
ヤクルトスワローズ↓
(出場*7回、優勝*5回)
オリックスバファローズ↓
(出場12回、優勝*4回)
千葉ロッテマーリンズ↓
(出場*6回、優勝*4回)
広島東洋カープ↓
(出場*6回、優勝*3回)
中日ドラゴンズ↓
(出場10回、優勝*2回)
日本ハムファイターズ↓
(出場*6回、優勝*2回)
横浜DeNAベイスターズ↓
(出場*2回、優勝*2回)
阪神タイガース↓
(出場*6回、優勝*1回)
楽天ゴールデンイーグルス↓
(出場*1回、優勝*1回)

(注)阪神、読売、中日、広島、ヤクルト、楽天を除く6球団は前身球団時代の出場回数、優勝回数を含む。
(例)南海→ダイエー→ソフトバンク。


・・・2015年のプロ野球はソフトバンクホークスの2年連続7回目の日本一で幕を閉じましたが、我等が阪神も新体制の金本監督のもと、是非とも2回目の日本一を成し遂げてもらいたいです。
頂点を極める日本一回数で新規参入から10年余りの楽天に並ばれてる事実は、プロスポーツの中で創設80年の老舗球団としては恥辱であります。
あの野村克也氏も、とある著書で阪神の歴史上の戦績はお粗末だと批評してました。
来年以降も厳しい道程が予想されますが、久しぶりにリーグ優勝した上で日本一という完全優勝という形で有終の美酒を味わい、実りの秋を堪能したいものです。
では今年(野球シーズン)も改めてお疲れ様でした。
Posted by 勝積 at 2015年10月29日 23:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: