2015年10月24日

幸先良し金本が当たりクジ

新監督金本の初仕事ドラフトも終わりました。日本シリーズという我々にとつてはオープン戦程度の価値しかないイベントが残つていますが、心は来季に向けてまつしぐらです。阪神のD-1候補は投手の高橋で決まりのような様相でしたが、打者の高山に急遽変更になりました。これは首脳陣が打撃に長けた金本、掛布コンビであることによるものでしょうか?私が高山を知らなせいか何か四年前の伊藤(隼)がダブつてなりません。もちろんこれは私一人の杞憂に過ぎないのでしょうが、これは事後の金本のコメントで彼聞いて彼の選択に信頼を深くしました。「掛布さんと(高山の教育を)しつかりやつていく」なんと掛布を信頼するセリフでしょう。金本が築こうとしているこの絆は阪神を間違いなく闘う集団に成長させるでしょう。初仕事がくじ引きであつても当たりくじを引き当てたことで幸先の良いスタートになりましt。オッチョコチョイ真中のドジ、オー恥ずかしい調子にのるんじゃねーぞ、さて高橋を忌避したため投手陣をどう作り直すかという大きな課題が残りました。5位指名の青柳投手を解説の野村(元横浜)が貴重なアンダースローとともに高く評価していました。とはいえそれで事足りたとは言い難く、阪神の全知、全能をあげて確固たる投手陣の編成に取り組まなくてはなりません。
posted by マスター at 09:58| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: