2015年10月21日

阪神のダメさを的確に把握している金本

このところのデーリーを見るのが楽しくてたまりません。それぞれの阪神フアンはそれぞれの夢を阪神に描いていることでしょう。それこそが誰も阻止することのできないファン個々の楽しみなのです。なんと言われようと私は私の阪神の理想を追求して行きます。金本が監督に就任してそろそろコーチ陣の陣容も露出してきました。掛布の正式なスタッフ入りが決つたそうです。私の感性にピタリです。どうしてもやや打撃偏重の首脳陣の感覚ですが、矢野がバツテリーコーチで入閣と聞き手抜きはありません。これで梅本も技術的進歩を遂げるでしょう。余談になりますが、本当の梅本の成長を願うのであれば野村前監督を専属コーチに依頼するぐらいの英断が必要なのです。この際矢野にその役目を果たしてもらいましょう。金本は自分の言葉に責任あるスタッフの構成を目指しています。また彼は解説者として鳥谷を酷評していました。今までのスタッフではアンタチアブル鳥谷です。それが10年に亘る鈍鳥谷を生んでしまつた原因です.「物足りなさすぎる」とこれも一刀両断です。気持ち良い程の監督としての初動です。チームの中に脈々と野球生命の血が流れて行くのが目に見えます。これは今まで坂井や南の顔色ばかり窺うつていたプロパーの小物監督ではできない仕事です。監督とは会長や社長に従うのではなく持論を以つて対峙するべきなのです。監督就任わずか二、三日で私の理想を実現させてくれる、金本の力量桜の季節が待ち遠しいと言えます。
posted by マスター at 10:11| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: