2015年10月21日

フアンを高揚させる監督就任会見

金本新監督の就任初会見がありました。私の感想はフアンの期待に違わない言葉に満ちていたと思います。フアンから見て阪神の足りないところを充分に理解していると言えます。阪神タイガースがもし本当に古豪だとしたらやつとその名にふさわしい野球哲学を持つた監督を戴いたと言えるでしょう。阪神には球歴におけるレジェンドは数名存在します。しかし誰一人としてタイガースの指導者として名を成した者はいません。あの藤村や村山でさえ歴史の藻屑にしてしまつた阪神です。(吉田や岡田には大局観がなく姑息です)野村や星野が就任したときは彼らのキャリアからいずれはチームを優勝の高みに連れて行つてくれるという確信めいたものが我々の側にもありました。その意味では金本は指導者としての経験すら持つていないのです。自身が語るようにここが一番の不安だつたところなのでしょう。ブログの読者の中にもこのことを指摘する方もいました。しかし左手を骨折しながら右手一本でヒットを打つた彼の英姿の裏にあるもの鉄の意志これに期待するしか今の阪神に選択肢はありません。他球団の監督の顔も一新されます。ヤクルト真中、巨人由伸、広島緒方、中日谷繁、DENAラミレスこの顔ぶれに金本が劣るものは何一つありません。今年監督としてはノーマークだつた真中が山田の成長という幸運に恵まれて優勝の栄誉に輝きましたこれも野球です。いかに金本が素晴らしい哲学の持ち主であつても、理解して実践するのは選手です。金本が火急にホームラン打者の必要を説いています。その候補は?と問われると江越、横田、陽川と答えています。皆さんここで思い出してみて下さい。この中にマスコミを始め大きな期待を報じられてきた中谷の名前がありません。これは一事ではありますが、このように万事がデタラメな期待観と報道に阪神フアンは踊らされてきたのです。デーリーの信用できないところはこのような阪神の杜撰と怠慢に批判を与えられないところです。阪神専門誌としての権威も糞もないのです。70年高い意識も持たずに野球界にただ浮遊してきた阪神、偶然訪れたタツタ5回の優勝この恥ずべき歴史に金本監督誕生を好機として決別できるか?坂井と南の決意が口先のものかそうでないかが試めされる時とも言えるでしょう。
posted by マスター at 10:08| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: