2015年10月21日

南さんさようなら、四藤さんこんにちはー

悪評紛々たる南社長がついに退陣です。 我々の願いが天に通じたのか、野球音痴社長をいただく阪神の不幸が解消されました。これで阪神の貧乏神コンビ南、和田ラインは消えてなくなりました。全くおめでたいことです。問題は後継社長に名前のあがつている四藤某なる専務です。苦節何年か知りませんがやつと阪神球団の社長まで辿り着いた人物なのでしょう。とても野球界を睥睨できそうな器量を持ち合わせているようには思えません。阪神内部の順送り人事でしょう。彼がチームにどんな作用をするかによつて金本阪神の前途は大きく左右されるでしょう。ここしばらくの四藤氏の言動に注目しましょう。すぐに人物器量はハッキリするでしょう。坂井の前に平蜘蛛のように這いつくばるだけの社長なら金本は苦労することに成るでしょう。阪神は選手のみでなく社長もいかに金本の野球哲学を理解し具現化できるか?阪神の改革が進むか否かのキーポイントになるでしょう。
posted by マスター at 10:06| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: