2015年10月21日

和田さようなら、金本こんにちは

和田が去つたあの惨めさは遠くに去り、新監督の誕生は未来に向けての華やかさで満々 ています。特に金本は阪神手持ちの最高の切り札です。その期待度は大変なものです。金本がこれから遭遇する至難を他所に、経済効果50億などと狂喜しているいつもの阪神首脳と関西マスコミの痴呆振りいささか気になります。一番舞あがつているのが、赤恥をかかされなくて済んだ坂井と南のお二人さんでしょう。そのおこぼれでデーリーもさぞや売れることでしょう。先日も申し上げましたがこの周囲の盛り上がりに比べて阪神関係者の声が聞こえてこないのが気になります。微かに現役若手の選手の歓迎の声が聞こえるのみです。もちろんその取材のタイミングではないのかもしれませんが、煩いOB諸氏の支援の声が聞こえてきません。まさかとは思いますが阪神特有の暗さがその就任の足を引っ張つているのではないでしょうね、岡田あたりがその急先鋒のような気がしてきます。「次は俺やろ」なんて思つていたのではないでしょうか、人の悪口が渦巻く社内のような嫌らしさが感じられる阪神内部です。よほど強烈な金本のリーダーシップで統制のたいせつさを見せつけて行かねばなりません。前にもお話ししましたが監督の地位は永久ではありません。特に坂井や南の頭の中は三顧の礼もすぐ忘れ、「お前に監督をやらせてやる」の意識にいつ転換するかわからないのです。真弓や和田もちんまりしているうちにクビになりました。アッと言う間にプロパーの出涸らし組みにされてしまいました。金本よ自分の全身をぶつけて自己主張して妖怪坂井、南と相対すべし、彼らにいい諾々として従つていたら二、三年の月日はアッという間に過ぎてしまいますよ、あなたの最大の見方はフアンです。そのことを忘れてはなりません。ゆうことを聞かない選手はビンタ(権威を放棄した教育に明日はない)でもくれてやればいいのです。一つ私から注告を!呉々も「鳥谷を神格化しないこと」!
posted by マスター at 10:02| Comment(1) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
その鳥谷ですが、就任二日目の主力との面談で
トップを切って一発かましましたね。さすが金本です、甘ちゃん坊や鳥谷にいきなりのダメ出しでした。この調子でどんどんやってほしいですね。
Posted by ボッチ at 2015年10月21日 21:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: