2015年10月18日

ついに表に出るか世紀のインチキやろう

巨人も原監督の辞任表明でやにはに騒がしくなりそうです。原監督が捨て台詞のようにこの二三年の戦力を嘆いています。人ごとではありますが今年の巨人は私も史上最低の戦力と見ていました。それでもヤクルトと最後まで覇権争いをしています。それより惨めな阪神フアンとしては一言もありません。さてデーリーに面白い話が出ています。原監督の後任にはあの江川が最有力だそうです。1日の空白とか言つてドラフトルールを曲げに曲げて世間を敵に回した。あの不遜男が巨人の監督になるかもしれません。巨人も人材がいないのか落ちたものです。(由伸さんのほうがいいのでは)あの自分しかない江川は監督としてて適材と言えるのでしょうか?彼が監督になれば巨人ベンチはワインの話、競馬の話、株の話で湧きかえるでしょう。小理屈には長けていても人身の掌握とは程遠いい人格はさてさてどのように選手に波及するのでしょう。いよいよ巨人が裏技で擁護してきた江川の出番です。よもや阪神フアンの恨み忘れていねーだろうな!このやろう世間は「誰でもいいから殺してみたかつた」がはやつている時代だぞ夜道に気をつけろつけろ豚の耳野郎!
posted by マスター at 11:26| Comment(2) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>よもや阪神フアンの恨み忘れていねーだろうな!

江川本人は忘れようがないだろうけども、残念ながら当の阪神ファンの方が忘れている、いや、事件そのものを存ぜず、せいぜい伝聞や過去の事件簿的な番組でしか把握していない世代に入れ替わってきているのではないでしょうか???若いファンにとっても選手にとっても、阪神も巨人も12球団のうちの1つに過ぎず、何をそんなに巨人を目の敵に?という風潮も否めません。“伝統の一戦”という言葉もまた虚し。“打倒巨人”を大々的に掲げた生え抜き監督がタクトを振るうも、任期4年全てのシーズンで負け越す有り様。まあ、それでも相手が江川ともなれば、ベンチ内で首を捻るあのシーンを幾度も見たいものである。
Posted by at 2015年10月18日 12:27
たかが野球と言つて仕舞えば全てそれまで、あなたの野球人生に江川事件のようなことが無い事を祈ります。
Posted by at 2015年10月21日 10:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: