2015年09月26日

阪神の顛末を一層暗くするGMの死

人の死を揶揄してはいけませんが。今年の阪神の締めくくりは鍋底抜けの三位転落、中村GMの突然死と阪神にふさわしい暗いものでばかりで終わりました。阪神という球団は経営上のポリシー、向上心、社会的責任(フアンへの謝恩心)などというものがあるのでしょうか、フアンの支持を糧とする球団を運営しながらいつもながらその悲惨な業績には腹が立つてなりません。特に今年の無様でそのことは爆発点に達しました。このざまーで仮にCSの権利を獲得したとしたらオメオメとドームに戻つて巨人戦を戦うのですか、いくらCSというシステム上の恩恵とは言えこんなものは潔く棄権したらどうでしょうか、もしこのケース(フアーストステージ巨人、阪神)が実現したら歴史上最低の阪神ー巨人戦でしょう。まともな阪神フアンだつたらとても正視できるゲームではありませんよ。対戦拒否でもして巨人を慌てさせてやればいいのです。恥を知れ阪神タイガースというのがまともなトラキチの心中というものです。中村GMも和田監督も「ヤメロ!」というフアンの声は頂点に達しています。そのことは阪井も南も充分すぎるほど理解しているはずです。しかし彼らにはフアンに答える妙策はなく「そんなこと(和田監督が辞める事態)になつたらどうしよう」と狼狽えていることでしょう。そんな時に一方の問題(GM問題)は神の思し召しが解決してくれたのです。残る一つ最大の問題次期監督選びは坂井、南の世間知らずコンビの手に委ねられました。これぐらいは見事な答え(球団の立場でなく、フアンの立場で)を出して見せられないものでしょうか?金を積んで招聘した監督が必ずしも成功を収めるとは限りません。過去古葉や森を招いて成果を得られなかつた横浜の例はその典型的なものと言えます。それでも結果はともかくとして横浜球団の意欲はフアンに伝わつた筈です。プロとして大切なことはここのところなのです。安い自前の監督起用を社是とする浅ましく寝汚い経営に終始する阪神、今度こそ最上とは言えませんが梨田でも呼んで全国のトラキチに報いる万分の一の意欲でも見せたらどうでしょう。
posted by マスター at 13:29| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: