2015年09月23日

岩崎よ早く自立を!

阪神の優勝はメッセや能見がヘロヘロしているところに岩田や岩崎で負けてはならない試合をしのいでいかなくてはならない巡り合わせとなりました。その時点で優勝の望みはオジャンということでしょう。メツセや能見が今一つか二つの勝ちを挙げていたらと思うのも後の祭りになりました。いくら図々しい私でも阪神の逆転はとても思い描けません。阪神がダメになりましたから広島に優勝させてやりたいと思つていますが、なんと黒田とマエケンで中日に連敗を喫する有様です、ここで広島カープ女子の願いも無惨となりました。マア今年は日本シリーズに出てもソフトバンクにコテンパンに恥をかかされるのがいいところでしょう。阪神はそんな目に合はなくてよかつたと言えます、いささか負け惜しみでしょうか? さて昨夜も巨人にしてやられましたが、岩崎が少しずつ試合を作れる一人前の投手に近ずいています。これが阪神終盤の慶事と言えます。早く岩田のレベルの上に行けと言いたいです。私は上本が好きなように、岩崎にもシンパシーを持つています。阪神に山ほどいる中途半端の投手とは一味違います。今日のデーリーの金本のコラムで藤浪と岩崎を中心に将来の投手陣の形成をと進言しています。ついでに金本に火中の栗を拾つて貰いたいものです。話は早くも来季に向いてしまいます。世界野球に阪神から藤浪だけが選ばれました。なんと怪我でもしたら大変です。侍ジャパン辞退しましょうか?
posted by マスター at 10:35| Comment(6) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これは悲報なのか、はたまた朗報なのか。GM中村が都内のホテルで急死。優勝の望みが消えた日に、住吉神社の片隅で、呪いの人形に釘を叩き込んだファンは誰だ。
しかし魑魅魍魎が闊歩する阪神、これくらいでは何も変わらぬところが、また阪神なのだ。
旧態依然のまま、変革なぞどこ吹く風。ファンの声にも馬耳東風を決め込む姿は、国民の声に耳を固く閉じた、あの永田町の米傀儡政権にどこか似ているぞ。
こんな迷妄を繰り返す輩には、大衆が立ちあがり怒りの鉄槌を打ち下ろすしかないのだ。
Posted by 故土井たか子 at 2015年09月23日 15:56
いくら何でも朗報なわけないでしょう。


中村氏のご冥福をお祈りします。
Posted by 勝積 at 2015年09月23日 16:39
タイガースの左腕の中では一味違った面白い投手です。ドラフト下位ながら岩崎の投げるストレートには力強さを感じます。ストレートのMAXは140q前後ですが、空振りをとることができるのです。これは投手として大きな才能です。時折145q近いストレートを投げることもあり、殆んどのバッターは空振りです。
現首脳陣の構想で先発として起用されていますが、クローザーとしての起用も面白いかもしれません。パターンとして6,7イニングくらいで崩れることが多い投手でもあり、1イニング限定で145qのストレートと鋭い曲りのスライダーを武器に三振を狙ってとりにいける左腕の守護神もよいかもしれません。
案外、呉なんかよりも活躍するかもしれません・・・。
Posted by ボッチ at 2015年09月25日 14:31
人が亡くなると、いままでクソ味噌に言っていた輩がもっともらしくコメントや弔意を述べる。こんな日本独特のいやらしい習慣を持ち出す人間はあまり信用できない。口先だけの弔意なんて、中村GMも今頃三途の川の渡し守にさぞかし愚痴っているのではないか。「阪神ファンはホンマ信用でけんわ」てなふうに。
ブログ主も阪神低迷の責を球団社長や中村GM、和田監督などに置き、口を極めて罵倒していたではないか。それがただの口撃で、ブログ上のこけ威しなのか。こういう場当り的な、いい加減なファンがダメな阪神の今を支えているのではないですか。
ブログ主はつい最近まで大和だ、上本だと持ち上げてきたが、彼らはこの数年で成長しましたか。それは今年の成績が如実に事実を証明しています。つまり贔屓の引き倒しだった?この先もこの二人が大きく化ける可能性はほとんどゼロに近い。しかしそれ以上にスカウトやコーチ陣の能力の無さは、深刻なはずです。その証左にこの数年にドラフトで獲得した選手でレギュラーを獲れている選手が何人います?
この無能な連中を放置して来たのは、他ならぬかのGMなのではないのですか。この人がしっかりと自分に与えられた責任を果たしていれば、もう少しましなチーム状況もあり得たのではないのでしょうか。
中村GMが本当に阪神を愛していたのなら、阪神阪急電鉄幹部や球団幹部を片っ端から口説き、手を尽くして動かし、戦えるチーム作りに奔走できていたはずです。それがなかったから、この大事な時期に実に不甲斐ないゲームしか出来なかったとは思われませんか。
少なくともそういう風に思えます。中村GMなき後、今年の何とも無様な戦い(この9月の成績を見れば自明の理です。今までは相手が弱かったから上位にいれたが、本気の闘いではボロが出てきた)から、本来の戦うチーム作りへと戦略の転換ができるかどうかが、阪神の今後を占うポイントになりそうです。
そういう意味で本当のチーム作り、それはスカウトも選手の能力を目利き出来る人、そうして獲得した選手を育成できる人材、それらの人材を適宜采配出来る現場スタッフを整備していけるかどうかが問題なんです。
それができれば、中村GMの死は、阪神再生のきっかけ、チャンスになり得る。そう考えます。そうなれば阪神ファンには朗報です。もし万が一、二位かなんかで帳尻合わせで、来季も中村GM、和田のタッグが続くとしたら、阪神は暗くて深い低迷というトンネルに入り込んでいくはずです。ボッチさんはそんな球団が御望みですか。
それを避けられるかどうかは、今後球団上げてきちんとしたチーム作りが出来るかどうかです。中村GM体制の下ではそれが全く出来で来なかったように思います。そういう意味ではそれができる体制の僅かな可能性の扉が少しだけ開いたのです。
それが大きく開けられるかどうかは判りませんが、GMというポストが無くなり、オーナーサイドの意向が今より強くなるのであれば、中村GMの死は阪神に何の変化をもたらさないことになり、阪神再生の途は、さらに、さらに、そしてさらに遠のくことになりそうです。
Posted by 焔魔大王 at 2015年09月25日 18:08
次元の低い考えしか出来ない人間に信用されようがされまいがどうでもいい事です。
故中村氏に対しては今でも監督・GM時代は殆ど失敗した人だという認識と評価には変わりません。
そして生前には過去何度も批判的で厳しい書き込みをしてきましたが、それはあくまで野球の話であって憎しみはありませんでした。
GMの辞任も主張してきましたが、このような形になる事は望んでませんし予想も出来ませんでした。
個人的に宗教や仏教に興味はありませんが、野球と人の死を区別せずに朗報と書き込む神経の方が遥かに理解出来ませんね。仮にもっともらしくとか口先でなくとも。
そして中村GMの三途の川の話も幼稚ですね。所詮は自分の思いついた妄想でしょう。

それとブログのコメントであろうがなかろうが冗談で追悼のコメントをするほど無神経ではないので。
次元の低い考えしか出来ないからこそ、もっともらしくとか口先みたいにしか見えないのは仕方ないかもしれませんがね。

Posted by 勝積 at 2015年09月25日 23:16
おいおい、焔魔大王なるお方よ。“GMの死が阪神再生への朗報”って何よ。他のファンを云々しといて、ご自分はGMの死をチーム再生の道具にしちゃう訳???
Posted by at 2015年09月26日 07:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: