2015年09月23日

秋の陽はつるべ落としか阪神凋落

真中なんて和田と同じレベルの監督が何はともあれ1年目で優勝監督の栄誉(少し早すぎる?)につくわけです。巨人がめずらしくがむしゃらな補強もせずにペナントに突入したことで他の5球団にも均等に優勝のチャンスがある混戦を招きました。シーズン当初は黒田の帰参が話題となり広島が有力な優勝候補と見られたものです。その中で主砲とエースを欠く中日が強いて言えば苦戦必死と見られていました。それもわずかの差で、現在は投手は年間を通じて15勝も上げれない(投手起用法の変化とはいえ)低レベルの最多勝争いです。阪神の能見やメッセのレベルでも10勝をあげるのに青息吐息のお粗末です。中日の若松、ヤクルトの山中など「何じゃこれはという投手」のたまの好投がやたらと目立つのです。マエケン、黒田の評判の高かつた彼らも広島を優勝に導くほど圧到的成果を上げられていないのです。巨人も両外人投手の健闘と新人高木の思わぬ活躍があつて最後の優勝争いに辛うじて生き残つてきたのが現状です。(何度も三連敗を繰り返しながら未だ優勝のチャンスを残すしぶとさです)打線は巨人の阿部の凋落、広島のエルドレッド、ヤクルトのバレンテン、中日和田の長期負傷欠場、軒並み打線のエンジンを欠く戦いを強いられました。DENAの筒香も阪神のゴメスも竜頭蛇尾の成績で終つています。特に阪神の脱落の原因はゴメスのチビつた成績にあります。以前もお話ししましたが今年スタートから、バレンテン、エルドレッドが全開だつたら巨人なんて消し飛んでいたでしょう。それはもしゴメスが30本以上のホームランを放つていたらという阪神の悔恨にも通ずるのです。暴言ですが日ハムのレアードを引き抜いたらどうですか?中村さん
posted by マスター at 10:03| Comment(5) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日は中日主催の引退記念ゲームにお付き合いしちゃいましたね。
考えてみると外国人助っ人を中心に作った即席寄集めチームですからね、それを無理やりキャプテン鳥谷を中心としたチームなんていうから話がややこしくなるんですよ。
和田も完全に緊張の糸が切れちゃったみたいですね。今日も大和と新井は再三あった得点のチャンスをことごとく潰しました。はっきり申しあげると大和と新井は1軍レベルのバッティングじゃないということですね。二人とも年齢的に伸びしろはないでしょう…後任の監督は二人の使い方をガラッと変えてくるでしょうね、またそんな監督でなければ優勝は狙えません。
二人に罪はありませんが、この二人を依怙地に使い続ける和田は責任をとらされることになるでしょう。
今日は情けなくなるくらいお粗末な試合になりました。
Posted by ボッチ at 2015年09月24日 22:05
ボッチさん、前田大和と新井の前に一軍どころかプロの選手として見切られなければいけない左腕投手2人は勿論覚えてられますよね?その2人とは筒井(12年目32歳で通算8勝)と小嶋(9年目30歳で通算4勝)のことです。
未だにこの2人が現役という事は彼らの入団にはやはり裏がありそうですね。
大和と新井以上に戦力としてチームへの貢献度の低かった選手が長年に渡りチームに居座るようでは競争原理の意義が成り立ちません。
この環境では危機感が生まれません。チャンスで凡退する度に他人事のような態度をとってる大和を見てると阪神のチーム構成の現実を実感します。
そして秋山ですが、この人は高卒で入団して6年経ちますが成長とは裏腹に衰退の道を歩んでいます。
マイク仲田のように突然変異で1年間だけでも覚醒する例も過去にはありましたが、秋山の場合は明らかに光がさす気配がしません。
これも育成面での阪神球団の問題の1つとなります。
問題が山積みな阪神球団ですが、広島が24日の試合で敗れ24年連続でリーグ優勝が消滅しましたが下手すると阪神も同じくらいの月日で優勝を逃し続ける事も十分あり得ます(生え抜きの監督が続けば尚更)
遅いぐらいですが、坂井を筆頭にトップの顔触れの一掃から改革を始める時期に来たのかもしれません。

Posted by 勝積 at 2015年09月24日 23:06
どうやら前回コメントで筒井と小嶋の年齢を間違えていたようです。(プロ年数と通算勝利数はあってます)
筒井は来月の10月5日で34歳(現33歳)となり小嶋も同じく来月の10月7日で30歳(現29歳)となります。
即戦力という触れ込みで入団したこの2人がニューヨークに旅立った井川の穴をうめてくれたら2007、2008、2010年のいずれかの年で1回くらいは優勝できたかもしれません。
しかし現実ではその力はなかったという事です。

岩貞や横山もこの2人と同じ道を歩まないか心配です。

Posted by 勝積 at 2015年09月24日 23:48
※勝積氏へ

プロ野球の入団交渉に『密約』があるのはマスコミやファンの間でも噂されてますが
この前発売されたフライデーでは某ハンカチ王子が密約入団の疑惑を書かれてましたよ(^m^)
事実かどうかはわかりませんが
あれだけ優遇されたら信憑性は高そうです(T_T)
筒井投手は当時の自由枠で入団しましたが 恐らく例の可能性は十分考えられますね(*_*)
Posted by ☆ハンカチーフガイ☆ at 2015年09月25日 01:18
勝積さんのいわれているドラ1左腕の二人は密約というか、入団時にある程度の条件が提示され待遇面、在籍年数など保証されているのかもしれませんね。これはタイガースに限ったことではないでしょうが、ドラフト下位で入団した選手にとってはあまり愉快な話とはいえません。この二人以外にも鳴尾浜の穀潰し的な選手は多数存在しますからねー。
今日のスポーツ紙では和田監督の退任は決定的とあり、来シーズンは首脳陣も選手もだいぶ様変わりしそうな雰囲気になってきました。
毎年9月に失速するダメチームから脱却するには首脳陣も選手も、そしてフロントも刷新することが必要かもしれませんね。
Posted by ボッチ at 2015年09月25日 12:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: