2017年07月30日

中途半端で戻つて来るな藤浪‼️

藤浪の動向が久しぶりに新聞に報じられています。ウエスタンのオリツクス戦に先発して3回を投げて被安打4、七三振、1失点というものです。掛布監督は彼の復調を願つているのでしょう。願望を込めてこの内容を絶讃しています。私もそう思いたいのは山々ですが、どうも掛布監督の見方は甘いような気がしてなりません。3回投げて七三振は確かにすごいと言えますが、それでは何で4安打も打たれたのでしょう。しかも二軍の選手相手です。/3回9人で簡単にかtずけてこそ藤浪ではありませんかー、コントロールがままならなければ真ん中を狙つてストライクを取りに行きたくなるものでしょう。全盛時の藤川のストレートの様なキレがあればいいのですが今の藤浪の最大の課題はそのストレートの質が悪いということではないかと私は考えてしまいます。確かに9アウトはとつたのでしょうが、撃たれた4安打が気になります。一軍だつたらメッタ打ちにあつていたのではないでしょうか?藤浪の本復はまださきのようなきがします。中途半端で戻
posted by マスター at 09:56| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

誰も経験したことない戦争に日本は巻き込まれるか?

金正恩北東アジアのやくざ者は核を持つて世界を相手に威嚇を繰り返しています。戦争の方式は70年前の世界大戦当時とはとは大きく変化しました。戦争の飛雄を決するのはもはや陸軍の数や飛行機の数ではなくなつたのです。一般市民も戦火の中を逃げまどう必要もない瞬時に災害が襲つてくるのです。己れがミサイルの着弾範囲の外にいることを祈るしかなくなつたのです。今北朝鮮と戦火が起こればソウルや東京が火の海になると言われています。それを防ぐのはパトリオツトであり、イージス艦であり、サーズというものだぐらいのことしか私達にはわかりません。お互いに実戦で使用したこともないもので相手を威嚇しているのです。アメリカは遠くにあれど我が日本は日本海の対岸にやくざ者に等しい国北朝鮮と対峙しているのです。まさに国難眼前にありです。今朝も北朝鮮は日本の経済水域にICBMを着水させています。国内で信を失いつつある安倍が毎度の要の最大の言葉を持つて北朝鮮を非難すると息巻いています。しかし日本は自分では何もできないのです。唯一日米韓連合が頼みなのです。ミサイル戦争が一担火蓋を落とせば、日本は多分甚大な非難を被るわけです。拉致被害者も安倍自身が乗り込む環境が整わない限り救済の術がないのに未だに遺族には奪環を声高に述べています。現実に敵対してきた北朝鮮が日本の要求に応じるわけはないのです。百八十度情勢の変化がない限り安倍首相は遺族に嘘で希望を与えているのです。今朝のコメントでも北朝鮮から国民を守ると強言していました。ミサイル応撃の三種の神器の効能もどの程度のものか本人ももわかつていないはずです.。いざとなれば地下鉄に逃げ込めばいいなどとまことしやかに囁かれているのが現実です。本当に国民を守る気があるたら一億の人間が難を避けられる地下壕を作ることでしょう。本当に国民を守るということはそういうことなのではありませんか?小さい日本国土を全地下壕化することです。しかし現実にはそんなことはできないのです。アメリカが本当に日本を守る気があるなら完全無欠の先制攻撃しかないでしょう。アメリカにそこまでの気持ちがあるかどうか疑わしいと言わざるをえません。ここからは暴言になりますがソウルや東京が火の海の災禍を得ようと今金正恩撃たずんば未来に千載の禍根を残すことになるでしょう。全てはアメリカの意向次第、日本独自では何もできないのです
posted by マスター at 09:05| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月29日

秋山はもう後ろを向かない?

秋山が八年前阪神にドラフト4位で指名を受けた際、その四位指名という阪神の評価に自身の口で不満を述べていたのを私は鮮明に覚えています。 その態度は頼もしくさえ見えたものです。しかも入団した年にぽんぽんと4勝を挙げ私達を「これは!」と思わせたものです。ところがこの八年間、君わ何をやつていたのですか?また数多のコーチは秋山に何を指導してきたのでしょ う。今年で最後か今年で最後かを繰り返してきた秋山です。期待されていた岩本なんかはとっくに首になつています。秋山解雇を思い止まらせたものそれはやはり彼の類い稀な資質にあつたのでしょう。今日のピツチングは投手として最も美しい部類に入るピツチングです。自信が彼の背中を大きく見せていました、金本監督がいう磨きのかかつた速球が坂本のミツトに押し込まれるようにお納つていました。投手の基本は変化球ではありません。あくまで質のいい直球です。秋山はそこを会得したようです。このまま投手として上り詰めてはしいものです。いままでは先発秋山の発表とあればローテーションの谷間の捨て試合を覚悟していました。この見方は訂正しましょう。失礼しました秋山君、10勝とはいわず早く広島の若手投手達をしのぐ成長を期待します。それにしても藤浪は何をしているのやら?う
posted by マスター at 09:56| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広島との差を一つでも縮メルのに真剣になれ!

阪神タイガース現状で望まれるう最高のシフトは何か独善的に考えてみましょう。捕手ー梅野。一塁ーロジャース。二塁ー上本。三塁ー西岡。遊撃ー糸原。左翼ー高山。中堅ー糸井右翼ー福留これが現状望める最高のオフエンスシフトではないでしょうか。捕手では梅野の独走を許しそうもないない坂本が出てきました。。開幕前の構想ではレギュラーを期待された原口、北条がいます。この二人も衆を抜きん出るレベルには未だ到達していません。この二人だけでなく糸原も高山も広島の連中ほどガツチリとレギュラーをものにしたとは言い難いレベルです。センターの糸井も球団の期待度から言えばものたりません。35歳という年齢もあるのでしょうがあと二年はガンバツテもらわなければなりません。福留はこれ以上望むのは気の毒ですしかし糸井、福留とつながるとまだ捨てがたいプロのトツプ技術を感じます。まだ未来戦力として期待できる、大和も俊介もいます。此処に江越、陽川が割つて入れるかどうか、最も期待されるのは福留の後釜としての中谷です。現在までまだ十一本のホームランですが印象的な場面でのホームランが多いのです。広島の鈴木を期待してしまいます。こう見てくると将来阪神は面白いチームになる可能性がでてきました。鳥谷、良太、今成なども捨てがたいところですがやや過去のものになりつつあり仕方のないことですが寂しくもあります。まだ広島とは大きな差がありますが夢の描ける阪神の現状とも言えるわけです。何度も言いますがあとはでフエンス投手陣の整備です。それもジョンソン、マイコラス、ハンデンバーク、クラス先発投手を探すことです。それ以外余計なもの要りません
posted by マスター at 09:47| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

公費を遣い込む地方議員も安倍さんも似たりヨツたり

安倍怪盗ルパン一味が、こぞつて「知らぬ存ぜぬ、記憶にありません」と異口同音に口走る、加計問題追及の委員会は政治家の厚顔ぶりには慣れているつもりでも驚かざるをえません。安倍への鉄槌は法律ではなく内閣支持率を下げることで示すしかありません。どちらが正しいか正しくないかではなく。どちらが正直でどちらが嘘を云つているくらいは、政治家が腹では馬鹿にしている国民でもわかるのです。したがつて安倍怪盗ルパン一味の辻褄合わせの答弁は唾棄を模様するものであります。そうは云つても自民党に変わる政権の受け皿が見当たりません。それを承知しているからでしょう。田中内閣の使い走り今大物ズラの二階幹事長も言いたい放題です。日延べした肉まんみたいな野田元首相の政治的手腕にキレの見られないのは今度の幹事長の仕事をみればわかります。だいたい民主党には総理が務まる大物がいません。あの鳩山が奇人だつたのが民主党不幸の始まりです。最良の選択ではないかもしれませんが、小沢を復帰させる(例えばの話)くらいのドラスチツクなことが出来ないようでは党の再生はできないでしょう。蓮舫で政権が奪回できると踏んでいたとすればその甘さは救いがたいものです。
posted by マスター at 09:42| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

稲田の辞任で定まつた安倍の馬鹿

女は腹を切らない、腹を切れない者にはやつてはならない仕事があります。女は腹を切らないから女でいられるのです。男女同権とは女が男と一諸になつて相撲をとることではないのです。防衛庁はことあらば戦争を司るところです。こうゆうことを口にすれば差別といわれるかもしれませんが、戦争を仕切る防衛省のヘッドが女性とというのは感心しません。直近な話あの稲田女史がその頭にあることをみなさんは容認できますか、あの成蹊大学のアホさレベルを露呈した安倍首相とはいえ将来の勉強のために稲田みたいな人物を防衛大臣に据えるとはミスキャストであり任命責任は免れません。田中角栄のように中学卒業の人物も首相の座を極めました。学歴で一概の判断は出来ませんが。成蹊ボンクラ大学出の総理大臣はもう要りません。あまり厳密な選定をすれば大臣にふさわしい政治家なんて1人もいないのかもしれません。とかく官僚は批判の対象になりますが人格欠落、頭ボンクラ大臣を頭にいただく省庁もお気の毒というものです。稲田大臣が省庁職員、自衛隊員のどれほどの陰口の対象になつたか想像にやぶさかではありません。昭恵夫人、稲田姉ちゃんに足をヒツパラれて総理を辞することになるか安倍ちゃん、九仞の功を一気に欠くことになるか一寸先は闇とはよく言い得た政治の世界であります。女を見定める目は夜な夜な銀座に現れるすけべ紳士のほうが確かですよハハハ 稲田の辞任で定
posted by マスター at 09:31| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月28日

阪神いつの日広島を凌ぐか?

広島も横浜もかつての巨人が優勝するための栄養ドリンクではなくなりました。各対戦の内容を見る限り立場が完全に逆転しているのがわかります。そこに見るものは巨人の大変さだけが覗き見られます。常日頃私がいつているように巨人もワンオブシックスの存在でしかなくな つてしまいこのように戦力そのものが均衡して来ると連敗は当然負の所産になります。巨人が低迷に苦しんでいるのも、阪神が広島に10ゲーム置いて行かれているのも、13連敗、8連敗が見事に効いているのがわかります。そんな中で地に眠る蝉のごとき岩田さんが金本監督のヤケ糞起用でマウンドに立ちました。先制パンチをくらいアブなつかしいスタートになりましたが、幸運の勝利投手となりました。今の投手陣では私はあまり好きになれない岩田の力も借りなくてはならないでしょう。3連敗を救つたのが中谷、大山のホームランというのも2連敗の憂さを晴らすには最高でした。先日今永に2安打に抑えられた時もその2安打が坂本と大山の2人が打つたというのも何かの因縁か彼らの活躍が阪神の未来を暗示ているようで嬉しくなります。広島が強いのも丸、菊池、田中、鈴木、らがスーパーレギュラーとして成長定着したからです。いま、金本に薫陶を受けている選手でスターテングメンバーヲ固定できるかどうかで阪神の未来は決まるでしょう。
posted by マスター at 16:39| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

R砲は真性ICBMか?

北朝鮮に遅れること数ヶ月遂に阪神もICBMを装備することができたかな?というところです。昨夜もあわやというところまで横浜を追い込んだのはロジャースの一発です。ホームランんがいかにその状況を一変させる力があるかということがよくわかります。残念ながら試合そのものは落としてしまいましたが、残り60試合あまりでR砲が二十本のホームランを打てばこれは真性のICBMと断定していいでしょう。楽天の外人はいとも簡単にホームランを打ちます。ハンデンバークもクソもないのです。ところでこのところ終盤で同点に持ち込むのですがリリーバーが疲れているのか緊張ある試合展開に持ち込めていません。桑原、マテオ、ドリスに疲労が蓄積しているのが心配です。ここが崩れたら阪神は試合そのものを維持するのが難儀になります。
posted by マスター at 16:21| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

取り敢えず二位オメデトウラミレス君

横浜が遂に阪神を逆転して単独二位になりました。セリーグ70年で二度しか優勝の喜びを知らない薄幸のチームにも新しい親会社DENA。の努力が報われ春が巡つてきたようです。前親会社のTBSは報道機関という社会的使命を帯びた会社であるにもかかわらず、チーム強化にはおよそカネをかけず万年Bクラスを容認するような阪神同様に経営姿勢はひどいものでした。親会社の姿勢一つでフアンは幸せな気持ちになれるのです。これは負け惜しみでなくDENAの経営努力が身を結んだ今日の2位を祝福してあげましょう。阪神の3位も褒められこそしても貶されるものではありません。横浜も阪神も今はささやかな喜びでしかありません。なぜなら広島は遠いい10ゲーム先にいるのですから、冷静に見て今広島に互角に渡り合える戦力は横浜であり阪神ではありません。悔しいけれどそれを自覚してトラキチは我慢の時です。昨夜岩貞が一人前のピツチングを見せましたが、今日の小野も阪神は急いで育てなければならない投手の一人です。阪神に余裕はありませんが今日の試合も小野にとつて必要な試合の一つと気持ちを大きく持ちましょう。巨人が必しで追つてくるでしょう。阪神、横浜で巨人のAクラスカンバックを阻止しよう。阪神はまだまだですが、今の広島、横浜は完全に実力で巨人の上です。CSは広島、阪神、横浜で決まり、リーグの覇者は阪神ということもありまつせ!
posted by マスター at 16:17| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

0ー1の負け試合に考えさせられること

昨夜は岩貞の快投にもかかわらず筒香の一発に泣かされました。相手の今永は敵ながらアツパレと見る投手の一人です。特別な剛球を持つているわけではありませんが一言で言えば打者と勝負できるコントロールを持つている投手と言えるでしょう。責任回数の中で試合を壊さない安定した投球術は高い評価を与えられます。最高の投手戦と言える試合も岩貞には敗戦投手の汚名しか残らないのです。かわいそうではありますが彼が将来の阪神の一翼を担える素材であることを証明できたということでよしとしましょう。今日は常日頃考える野球というもについての考えを述べさせていただきます。0ー1の試合は年間750試合、70年で約5000試合が行われてきたわけです。この5000試合のうち0ー1の試合がいくつあつたことでしょう。私は5000試合すべてを見たわけではありませんが、少なくとも正確に数えたわけではありませんが阪神の0ー1の試合をたくさん見せられてきたように感じます。勿論1ー0で阪神が勝つた試合もたくさん見てきたはずです。かの小山、村山、バッキー、渡辺省時代は勝の殆どが1ー0、2ー1の試合ですからその投手力のすごさが今更のようにしのばれます。昨夜もそうですがいくら今永が良い投手であつても歴戦の打者がまるつきり打てないのです。今永を賞賛する言葉は球のキレコントロールに尽きるはずです。そんな事で納得していいるから阪神は特定の苦手投手を作り出してしまうのです。不思議でならないのは首脳陣の頭はこうゆう投手を打ち崩すことを考えてみようとしないのでしょうか、相手の投手のキレの良さを褒めるのみで終わりとするのでしょうか?何か方法はあるはずです。少なくとも首脳陣はそうゆう考えを持つべきなのです。かつての三原監督や野村監督にはその辺を感じさせる権謀術数がありました。逆にいえば野球を深く探求していたのはこの二人ぐらいでしょう。3割打者長年のプロ経験の打者が9回までバツトをブリブリ振り回して今永に対してヒツトが二本ですよ、これがプロの経験者が繰り返すことでしょうか、こんなことを繰り返していたら今永が調子の悪い時しか打てないということになるでしょう。しかも昨夜はヒツトを打つたのが大山と坂本の新人という皮肉であります。ベテランは何をしていたかということになりませんか。監督は何をしていたかということになりませんか。これは私の持論ですから笑われても構いませんが私が監督なら二周りの打席は捨ててかかります。相手投手に疲労感を与えることに専心するのです後のことはどうあれ今永を潰すことに全霊を傾注するのです。全員がバント姿勢で今永のリズムを崩すのです。簡単馬鹿げたような作戦ですが全員がバント技術に長けていないと成功しません。全てうまき行かなくても十八打席のバント思考は今永に相当な警戒感と疲労感を与えること必定です。こんな考えを笑う人はたくさんいると思いますが、9回までバツトをブリブリ振り回して相手に抑えられるよりよほど能動的野球と言えるのではありませんか?卑怯で恥ずかしい何年も優勝から遠ざかる阪神です。偉そうなこといつてる場合かよ、次はシツカリ今永をKOして見せてください。
posted by マスター at 10:50| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月25日

阪神がやらなくてはならないことは唯一つ

アマダー、デスパイネ、まだまだいますよこれがホームラン打者のスイングだというスイングをする打者ナバーロ、ゲレーロ、レナード等々。残念ながらみんな阪神の選手ではありません。昨日の楽天のアマダーにしばかれた球はエビッに変形したのではないかと思われるジスイズホームランバツターのものであります。誰が見てもわかるのに阪神はスカスカスイングの打者を探してきては結果かについては知らんぷりを決め込むフアンに対しての無礼ぶりです。今回まだ決めかねますがホームランを意識して打てるロジャースを見つけてきました。来日すでに3本塁打は伊達でなさそうです。本当に真面目にやれ高野編成部長と言いたい。あとは藤浪のノイローゼで火のついた投手陣の再編成です。目を大きく開けてジョンソン、ハンデンバーククラスの投手を一人でいいのです。一人探してくることです。
posted by マスター at 10:46| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手駒で野球を面白く見せる金本の手腕

プロ野球の監督というポジションは12しかありません。プロ野球の選手であれば余程の事がない限り一度はその地位について全軍を率いて見たいと思うのが男の本懐というものでしょう。人間である以上その位置についたら失いたくないと思うのもこれまた人情というものでしょう。監督の第一の心得は与えられら戦力で戦うということです。その時チームがどんな状態にあるかは己の監督生命に大いに影響するものなのです。また雇い主の会社に対してものいう見識を持つているかどうかも大事なことです。阪神の歴々の監督を振り返ればそれがよくわかります。岡田が監督に赴任した時は2003年阪神18年ぶり優勝の時の良い意味での残滓がありました。それを引きついた岡田は幸運だつたと言えます。ここで岡田は阪神の強さの礎を築く役目も与えられていたはずなのです。会社も経歴その他から彼がその役目を負う最適の人材と思つてのことでしょう。しかし金本や赤星が現役を退くと阪神は第二の暗黒時代を目指すように強さは削げ落ち岡田に再建の手腕は見られず転落の一途をたどるようになりました。会社の再建の声も口先だけでなんら具体策は示されず金本を迎えるまでの10年が過ぎたのです。この間に就任した真弓も和田も阪神としては大事な監督としての人材だつたのでしょう。今金本が思いきつて若手を起用し成功しかけていますが。真弓にしても和田や岡田にしても頭の中でそのことは分かつていたはずです。しかし彼らは目先のことに囚われ若手の成長に手をつける余裕を出せなかつたのでしょう。彼らの時代に中谷も原口も北条もいたわけですから!金本は何も特別のことをしているわけではないのです選手の資質を見極めそこにチャンスを与えてやつているだけなのです。選手に今日も俺はダメだと思わせるか、監督が俺を見ていてくれるぞ!と思わせるかこのことは野球選手だつただけでは見えてこない人間操縦術の部分なのです。野村も星野も金本も形こそ異なれ監督として器の大きさを持ち合わせていると云つていいのです。野村は少しちがつていますが、赤星や糸原に抱きついて勝利を共感するところは星野も、金本も酷似しています。ここがふたりが監督として安心できる最大のの要素なのです。もう一つの例をお話ししましょう。武上という監督がヤクルトで五年監督を務めたことがあります。成績は連続最下位?というものでした。これはただの無能を示しただけです。野村は阪神で三年連で最下位でした、しかし彼はその後の阪神に多くのことを残しています。監督の有能と無能難しい問題ですが、確かにそのことは無視の出来ないものなのです。
posted by マスター at 10:27| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

阪神の成長過程を楽しむ

一皮むけた選手、むけかかつている選手が今年の阪神にはけつこういます。この事が開幕前の戦力評価では中日と5〜6位争うものと思われていた阪神が辛くも2位でガンバつている大きな要因とみれます。巨人の自滅にもありますが、金本監督の基本的選手教育の賜物と云つていいでしょう。入団直後からまつしぐらにスター街道をあゆも選手もたくさんいますが時をおいて一皮向ける選手も多いのです。選手にとつて一皮向けるということは投手であれば10勝の壁を破ること、野手であれば3割を打つこと、ホームラン十本の壁を越すことなどでしょう。中谷が今日10号ホームランを打ちました。私が中谷が阪神の右のホームラン打者の資質を持つているという話を聞いたのが6ー7前のことと記憶しています。その話はもはや潰れてしまつたのかと思つていました。ところが金本が監督に就任して中谷を弄りだしました。それに答えて見事に区切りの10号ホームランをものにしました。大きな声でオメデトウを贈ります。阪神フアンとしては大変喜ばしいことと言えます。ローソクにマッチで灯を灯すようなホームランしか打てなかつた阪神にシーズン10本もホームランを打てる選手が二人も出現したのです。中谷と原口です。二人ともまだまだですが長打力欠乏に悩んできた阪神にはチームの変貌の核になつて欲しいものです。長打力は格別な才能です。この2人がロジャースの傍でポンポンと花火を上げる阪神なんて楽しみじゃありませんか?大輪の花までまで行くかこの二人
posted by マスター at 08:30| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鼻に付く安倍晋三の下賤と傲慢

我がエースと目されるフジナミチンタロウもどうしようもありませんが、日本国の総理大臣安倍チンゾウもどうしようもない男のようです。この度の愛妾?稲田防衛大臣の破綻で彼に人を特に女を見る目のないことが判明しました、稲田大臣の人間性のお粗末さは目を覆うばかりです。自分に勢いのあつた時に民主党をものすごい勢いで追求する国会でのシーンが連日放映されています。それはまさに稲田自身に向けられている矛先そのものです。ブーメランの恐ろしさ、女の浅はかさが露呈した場面であります。女を見る目のなさに合わせ安倍さんは女運にも恵まれていないようです。本夫人昭恵さんも本来お父さんを諌めねばあない立場なのに結構あちこちにしゃしゃり出て、今回の安倍災難の標的になつている有様です稲田さんも昭恵ちゃんも大河ドラマをよく見て女城主直虎の治政でも勉強したらどうでしょう。安倍さんは稲田女子を未来の総理大臣の器とまで述べています。あの女のどこの何を見てそう思つたのでしょう。まるで惚れた女に贈る甘言にしか思えないシロモノです。
posted by マスター at 08:28| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

勝つことを期待できなくなつた能見

阪神は優しい14連敗でのたうちまわるヤクルトに塩を贈りました。鬼となつてヤクルトを16連敗に追い込むべきなのです。そして真中の首を締め上げるべきでした。さてそのヤクルトに塩を贈つた主役は能見です。もはや能見には昔日の面影はありません。こんな状態の投手であれば私の嫌いな磐田でも起用してみたらいかがでしょう。これは私の見方ですが能見と巨人の田口とどこがどう違うのでしょう。これにヤクルトの石川を並べて考えて見ましょう。三人に共通するのは剛球派ではなく軟投型の投手ということでしょう。あの田舎の田圃に立つカカシのように冴えない顔をした田口は今や巨人の主力投手です。あの田口を打てないプロの打者が私には不思議でなりません。石川も150勝を記録している小さな大投手です。彼らを打てないということは強い球を投げるだけが投手でないということでしょう。それなら能見は最近どうして簡単に打たれるのですか?その綺麗なフオームは何も変わつていないのですが、すべて球がベルト辺に集まるようになつています。年齢からくる限界でしか説明がつかないのであれば、負けを恐れず若い投手に能見の登板機会を回してやるべきであります。昨日も二軍戦で才木が好投しているではありませんか?歳内、横山なんてのも何をしているんでしょうか?とにかく能見も先発しても今日は勝つぞと思えない投手になつてきました。いそげ新戦力投手の開発を!探せ外国に投手のロジャースを!
posted by マスター at 10:19| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カツコイイ監督で居られる難しさが

野球の監督ほど易しそうで難しいお仕事はないでしょう。会社の社長と工事現場の監督のような複雑な要素が望まれるからです。選手の本分は投手は勝ち星を多くあげること打者は3割を打つかホームランを二十本以上打てば一人の選手としては十分フアンから存在を認められるわけです。その総合力の結果がチームがいつも優勝を争うような位置にあるときは監督や選手個人についての批判は何処からも何も出てきません。それはかつての巨人と今巨人がおかれている現状をみればよくお分かりでしょう。読売は大いに非合法なことをしてその常勝体質を無理して維持してきました。セリーグの優勝回数で巨人に次ぐのが中日の8回だとしたら巨人の35回という数字がいかに異常かがわかるでしょう。両リーグになつて70年ですから六球団で仲良く10回ずつの優勝をしていれば監督批判なんて起こらないはずですがそういかないところに監督の技量が問題になつて来るわけです。それだけ巨人以外の5球団は深く考えもせず監督の首の挿げ替えをしてきたわけです。巨人が由伸をやにわに首にすることはないでしょうが、ヤクルトの真中の首は秋風にさらされていると云つていいでしょう。すでに後釜の名前が取りざたされているくらいです。一芸に自信のある(自分なりに)選手をまとめて一つの方向(プロの野球ですから優勝)に向かわせるということがいかに難しい仕事かということを、みんな監督になつて初めて痛感しているのでしょう。その大変さを常勝の皮が剥がれてきた巨人の監督由伸はことさら身に染みているはずです。しかし監督になる原点は等しくみんな元選手の経歴を持つものです。ですから普通の野球のレベルのことはみんな熟知の上で監督に就任するわけです。私は阪神の監督が和田になつた時は阪神の野球は必ず進化すると思つたものです。しかしその采配や選手教育には何も和田色というものが見られず平板な成績に終始し彼も程なく失脚してしまいました。(和田は監督時代に女に手を出していたみたいです。あの顔でよくやるよ)和田には選手側からリスペクトされるものも持つていなかつたのでしょう。プロ野球の監督なんて大方がこんんなところが相場でしょう。最近阪神の藤浪がわけのわからないことで二軍落ちしています。これをどう処理するかということも金本の大事な仕事になるわけです。こんなわけのわからないことで選手生命を断つ選手は過去にもごまんといるはずです。ここのところはフアンの目には見えないところです。技量の伝承一つにしても明確な指示を明確な言葉で伝えられる監督とそうでない監督とはではチームの成長に大きなな差が出てくるものでしょう、ここにプロの選手をいじる監督の真の難しさがあるのです。そこに術のない監督であればればすべて長島や王のような選手が揃わなければ到底優勝なんてできないわけです。これが真中のような程度の監督なのです。優勝は選手がもたらすものか監督の力量か?これがどちらとも言えないところにも監督という仕事の悩ましさがあるのです。金本は自分の考えを自分の言葉ではつきり選手に伝えることができる監督と言えます い
posted by マスター at 10:07| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月22日

ロジャースのバツト後半戦の神通力となるか?

ロジャースがどんなルートで阪神に入団したかは定かではありませんが、いるじゃないですかホームランの打てる外人が、ブラゼル以来当たればホームランになるぞと言える外人には本当に縁がありませんでした。いきなりであろうと振り込んだ後だろうとホームランを打てないやつは打てないのです。それだけ長打力は別才能なのです。ロジャースはまだ三本打つただけですが、一挙に阪神打線の迫力を増して見せました。今日の迫力竜頭蛇尾に終わらないことを願いたいものです。歳も29とまだ若く阪神待望のホームランを打てる外人と見ていいのではないでしょうか、もしロジャースで阪神の大きなウイークポイントが埋まるとしたら、高山、原口、北条、中谷のレギュラーへの道は険しいものになるわけです。開花を見せはじめた彼らを潰さないように育てなくてはならない金本の悩みは嬉しいことでしょうか?苦しいことでしょうか監督のハンドリングとは下に難しきことなりでしょう。人のことなど云つてる場合ではありませんがヤクルトが14連敗の波に飲み込まれています2年連続サーテイサーテイの山田がその象徴になつています。幸運で優勝監督になつた真中は今頭の中は真白でしょう、彼の頭では妙手など出て来ようがないでしょう。ま大方の監督はこんなもんです。中村や真弓、和田がそうであつたように、そんなことはどうでもいいでしょう。これから研究してくる日本の投手たちをものともしない強打を維持していけるかロジャースそのことの方が私には大問題であります。
posted by マスター at 11:22| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋山に期待するからこその苦言

秋山が完投で8勝目を挙げました、もはや数字の上ではぼけなすチンタロウのノイローゼ的休場をおぎなつてあまりある存在になりつつあります。それこそ秋山は入団後7年のぼけなす状態を挽回していると云つていいでしょう。秋山を登板させるために今日は捨て試合と思いヒヤヒヤしていた金本もその健闘には一安心というところでしょう。ケチをつけるわけではありませんが今日も1回から4回までの間の投球内容はガタガタとしたものでした。完投被安打8の内6安打を集中されています。それと前回の時を含めて山田とバレンテンによくチヤンスメイクをされています。こんなところからまだ秋山には一流投手の匂いが漂つて来ません。1日も早く憑きも実力のうち的内容を脱しなくてはなりません。スケール感のある秋山と小野には期待も大きいのです。秋山が本当の信頼を勝ち取るためには山田やバレンテンをバツタバツタと三振で打ち取ることです。まあ良くやつている程度では来年鳴尾浜え逆戻りになりますよ、今年はまず10勝超えをして自信をつけることです。
posted by マスター at 11:13| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

藤浪に纏わる揣摩臆測

金本が言及しないだけに、藤浪の動向が心配です。フアンの中にも悲観的見通しを口にするものも出てきました。このまま藤浪が消え去るのを望むものではありませんが阪神も球団として厳しい態度で望むべきでしょう。阪神は昔からスター選手の扱いの下手な球団です。そのときそのときトレードなどでごまかしてきましたが、放出は今になつても適切だつたとは私は思えません。古くは小山、に始まり田淵、江夏と阪神タイガースそのものを背負う大事な選手を放出してきましたそれぞれに事情があつた事は我々にも推測出来ますが阪神の歴史の礎となる選手を粗末にしてきた誹りは拭えません。その結果阪神には時pの積み重ねだけが残り良き歴史の蓄積が残つていないのです。これらも阪神が強くならない大きな原因の一つといつていいでしょう。阪神ほどスター選手、大物選手ヘの対応管理の下手くそな球団はありません。入団時は大物選手の扱いを受けた鳥谷も、阪神をヒツパル中心選手には育てられなかつた阪神です。入団前だけが大選手の呼び声がたかかつた鳥谷に12年間気使いばかりして引き回されたのも阪神の選手扱いの下手さを表しています。近年の大物素材藤浪も現状を見る限りフオアーザチームの選手に育つているように見えません。それどころでなくフアンに入る情報は彼の選手生命さえ危ぶまれる悲観的なものばかりです。藤浪を立ち直らせるノウハウ薄ら阪神にはないのでしょうか?
posted by マスター at 11:07| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

胸つき八丁!頑張れ金本

表面的な点差を見れば3ー14の惨敗です。結果だけを見ればフアンとしては論評を加えても仕方のない試合であることは確かです。しかし試合の流れをよく見ると、7回同点に追いつき阪神が唯一他球団を圧してきた強力リリーフ陣で試合をものにする形を作りました負けは負けですがここは評価してやつていいところでしょう。しかし神ならぬマテオの大乱調でその計算は狂わされました。ここまでドリスと共に阪神2位の殊勲者マテオも人間今日1日の乱調を責めるわけにはいかないでしょう。それよりも今阪神で一番頼りになる影の四番打者糸原の受けた怪我が心配です。糸原も阪神の健闘を支えてきた殊勲者の一人です。昔から蟻の一穴という言葉があります。糸原の怪我が阪神の勢を削ぐ蟻の一穴にならないことを祈るばかりです。我々阪神フアンは長い間酷い阪神タイガースを見せられ続けてきました。今日の試合も形は惨敗ですが、何か完成を目指す未完成者の努力が見て取れる試合と見ました。甲子園に集う年間三百万人のトラキチが満足できる阪神タイガースを創造できる監督は金本しかいません。金本は広島が育てた名選手です。しかし新しいタイガース魂を吹き込めるのも金本しかいないのです。それを証明してきいるのが糸原の闘志です。私の阪神中毒治す薬がありません
posted by マスター at 09:25| Comment(1) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする