2016年06月18日

進化途上の阪神地に足をつけて進め!

阪神の調子が落ちてきました。案の定デーリーの一面も先日獲得を発表したばかりのサタホワイトの名前を挙げて「助けて」と例の赤文字見出しで浮足立つています。デーリーがこんなレベルです。同じ気持ちで心中穏やかでないトラキチもたくさんいるのではないでしょうか、阪神の序盤の健闘は新首脳陣が思い切つて登用した新人、新鋭によるものであつて決してチームの実力が上がつたものではないのです。今金本を落胆したり、批判したりする場合ではありません。確かに負けの続く現状は私も不愉快です。しかし今こそ冷静に阪神を考えるところです。金本の決断は幾多の未来戦力の発掘に成功しています。阪神編成の甘さがここに来て露呈しているといつていいでしょう。私はゴメスには終始懐疑的です、補強したヘイグは実力不足か一軍に定着していません。投手もストツパータイプを二人も獲る頓珍漢ぶりです。これは藤川を中途半端に起用しなくてはならない慌てぶりに現れています。そしてまたまたクロウザーサタホワイトを獲る狼狽ぶりです。チーム状態に決定的意味を持つ外人の戦力がこれでは如何にもならないでしょう。私の言うことは今の巨人を見てもわかることです。4番のギャレツトも線香花火で出たり出なかつたりの体たらく、マイコラスもポレダもトラブルです。このマイナスが二度の大型連敗に影響していないとは言えるのです。この巨人と阪神の惨状を広島のジョンソンとギャレットの活躍と比較してみれば明瞭です。セリーグを制することは以外と簡単なのです。編成がいかに真面目に外人市場の情報に長じtjいうことでしょう。この線に強い広島の好調は偶然でもなんでもありません。今でこそ黒田に大枚を叩いたりかつての貧乏球団のイメージはありませんが、外人に限らず選手の獲得にはその真面目、真剣、慎重さ調査力が光る広島なのです。
posted by マスター at 10:56| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グレイテストーイチロー

イチローがピートローズが持つメジャーの安打最高記録を本人のプロ野球生活(日米)の通算で破りました。ピートローズの立場に立てば自身の記録をイチローと単純に比較されることにはどこか釈然としないものがあることは理解できないこともありません。しかしメジャーでの最高安打記録は 米球界で破る者が出ない限りローズのものであり彼の名誉はなんら阻害されるものではありません。しかしメジャーもい までは日本選手の力を借りて優勝チームが出る時代です。その意味ではイチローの記録は世界一に認められる資格のある記録といつていいものでしょう。イチローよ50歳まで現役をやれそして通算5000本安打を目指せ!今回の快挙を過去の小さなものにしてしまえ!君だつたらやれるかもしれないーーーー自分の記録はさて置きピートローズの記録を抜くアメリカの選手の出現を強く要望しその選手はジーターのような人格者であつて欲しいと最高の皮肉のこもつたコメントで会見を締めくくつているのが面白かつく、イチローがあの腐敗巨人の選手でなかつたことに今深く思いを至しているところです。
posted by マスター at 10:50| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エンターテイメントのセンス欠く阪神と旧阪急(オリツクス)

パリーグのオリツクスのフアンは暗鬱たる気持ちでいるに違いないでよう。オーナーの宮内さんも経済界ではやり手の一人のようですが野球だけは今のところどうにおならないようです。この二、三年大枚を投じてチームの強化に務めてきた来たにも関われず一向にそのチームのバランスが良くなりません。阪神に引き抜かれそうになつた金子も巨費を投じて引き止めたり優勝の為の準備にはオサオサ怠りないないのですがどうも選手揃いません。金子も常時出場の起用人な体を持ち合わせていないようです。打力お補強を図つた糸井やブランコも何か大まかな感じがしてなりません。寧ろ最下位に沈む今を見るに大引らの放出が祟つているように見えます。外人もかつてのブーマーのような良質な選手に恵まれていません。阪神ん同様チーム編成が下手です。それといまひとつ阪神と同じく野球界のプロの選手に人気がないのが気になります。昔は阪神が声をかけても阪急じゃなきゃ嫌だなんて選手が結構いたものです。田口や平野はその典型です。阪神もFAなどでこえをかけてもなかなかよろこんできてくれる選手が居ません。両チームともこのような点については充分考える必要があるのです。ビリにいる戦力とは見えないオリツクズです。この時点でソフトバンクに19ゲーム差それはないでしょう。人のことなど言つていられない阪神フアンの私です
posted by マスター at 10:44| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月15日

部下(選手に)に適切な指示を与えられない上司(監督は)は不要です

スポーツが好き、なおかつそれに熱中するこれほど人間の単純性を表すことはありません。阪神フアンなんてものはそれを証明する最たる存在でしょう。好きゆえに阪神に対してそれぞれが好き勝つ手を要求するわけです。万余の阪神フアンと雖も心に思うことはそれぞれ別々なのです。しかし心一つに願うことは阪神タイガースの優勝ということです。みなさんあの5回の優勝を思い出してくださいあの見事に万余の心が一つになつた感動を残念ながら経営母体阪神球団のフアン不在の不誠実経営で70年のセリーグの歴史で5回しか味合せていただいていないのです。それでも単純な阪神フアンは阪神を見放しません。それどころかますますのめり込むのです。フアンを顧みない球団とは乖離が広がるばかりです。さて今年阪神は超変革を旗印にその命運を金本に託しました。その前半戦の評価は先般行われた株主総会で圧倒的支持を得たそうです。私の思いも概ね同じです。しかし金本に異論を唱えるフアンもいるわけです。私のブログにもそれらしい意見が時々寄せられます。残念ですがその異論を折伏するエネルギーは持ち合わせていません。それが同じフアンの心は様々を表すものだからです。これは金本阪神の優勝という事実で一つの喜びに集約してもらうしかないのです。阪神の超変革は今日の一勝一敗のために掲げられたスローガンではないのです。選手を広く深く観察しものの言える監督は従来の阪神の体質からは育ちませんでした。会社に隷従するタイプの監督ばかりでした。その因習からとり放たれたのが金本です。彼を失敗に追い込んだら阪神変革の大事業を任せられる人材など永久に出て来ないでしょう。福留を西岡を鳥谷にを黙つて従わせるカリスマは金本以外に誰に求められますか?また野村に頼みますか?星野に頼みますか?株主から称賛の評価をえ金本、一先ずの成功の何物でもないでしょう。新しい選手を見出し育てて阪神の基礎工事の完成を目指して欲しいものです阪神フアンはよもや神宮球場の左翼ポール際の罵声で、金本を追放する愚は避けなくてはなりません。
posted by マスター at 10:14| Comment(4) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新人投手の採用基準は150k超のスピードを最低条件にすべし

原口がオールスタの捕手部門で一位を突つぱしつて堂々のフアン選出の名誉を得ようとしています。まだ阪神の成熟した戦力とはな つていませんが、総じて彼ら新鋭の起用に踏みきつた金本監督に答える活躍をしていると言えます。デーリーも新人などに紙面を割いて紹介に力を入れています。今日は今年ドラフト四位の望月投手が取り上げられています。そこには彼の将来性の豊さを思わせる言葉が 並んでいます。私が最 も関心をもつたのは彼が150kのスピードの玉を投げたと書いてあるところです。きょうび高校生でも150kのボールを投げる時代です。もはやプロの世界ではこのスピードを越せない投手は面白味も何にもないといつていいでしょう。もちろん球のキレと頭のキレでプロの世界を生き抜く投手も沢山います。しかし完封への可能性を大きく持つ剛球投手の魅力にはかないませんし、技巧派がエースのチームでは優勝を狙うのにはしんどさがあります。 望月の151K のスピードと1メートル88の体躯 には勝つ手に限りない魅力を膨らましてしまいます。 待てよ6年前にもそんな期待を抱かせた投手がいましたよ、「アキ ◯◯」です。望月が同じ様にならないことを祈つて今後の精進に期待しましょう。 二年後の阪神どんなチームになつているか楽しみでなりません。
posted by マスター at 10:09| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月14日

珍しや阪神の速やかな外人補強さてどう出るか?

他球団が期限ギリギリまで新戦力発掘の為に努力する外人探しです。この点でいつも図抜けて動きの鈍い阪神ですが、珍しやこの度新ストッパーの外人投手の獲得を発表しました。年俸3200万だそうですから、実力のほどは見て見なければわかりませんが、何もしないでいるよりはいいでしょう。しかもシーツとジェフのお墨付きと出ています。かの二人がまだ阪神んと関係があつたとは、シーツはシュアーな阪神歴代でも優秀選手でした。マートン位頭の良さを加えたような選手で私は好きでした。ジェフの活躍は今更私が申し上げるひつようもないものです。超優秀な二人が外人探しを担当している のにこのところの阪神の外人は当たりがよくありませんでした。二人は何をしているのかと訝つていたらこの度のことで名前が出てきました。金本タイガースの為もう少し真面目にやれお二人さんというところでしょう。まずはコーデイ、サターホワイトの腕前はいけんと行きましょう。それと同時に慢性的阪神の欠陥となつているローテション投手一人、30ホームラン確実の強打の4番さがしにしぼつて真剣に取り組まなくてはセリーグどんぐり競争から来年も抜け出せないでしょう。また超変革の球団手形は不渡りとなるでしょう。
posted by マスター at 11:03| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

巨人の監督なんかやつて自分のキャリアを汚すな!

今日たまたまヤンキースの松井のニュースを見ました。くそ巨人の選手の中で私が好感を持てる数少ない選手の一人が松井です。巨人50億10年のオフアーを蹴つた痛快な男です。その彼がアメリカで行われたヤンキースのOB戦で活躍しているものでした。かつての僚友の敬意に包まれて楽しそうにプレーする姿は彼が打撃人としてアメリカでの成功者であることを如実に示しています。しかもその試合で2打数2安打そのうち1本がホームランの大活躍です。どこまでも輝かしいメジャーリーガーヒデキ松井です。イチローとともに打者としてメジャーの歴史に名を残す誇り高い野球人生と言えるでしょう。彼ら二人以外に3割の記録を残した日本人の打者はいないのです。首位打者二回の記録を持つ福留も青木もまともなレギューラーの扱いさえ受けていません。今年の青木などは2割4分あたりをうろうろしている始末です。松井よあの汚れた巨人の監督なんか引き受けるなと声を大きくして忠告したい気持ちです。日本プロ野球誕生の先駆者としての名誉を自らの悪事で捨てている巨人です。その愚かしさを松井の栄誉で糊塗しようと企む悪徳読売巨人のずる賢さ許すまじであります。松井よヤンキースOBの栄誉は巨人の監督などというケチなものと変えられるものではありませんよ。メジャーの成功者であり朴訥松井よ巨人に手を貸す人生の過ちを犯してはなりません。
posted by マスター at 10:48| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

打てないで終わるなら監督はいらないぞ!

金本チルドレンの活躍で持つている今の阪神タイガースです。大谷に当たり前の様に7回4安打に抑えられチームとしては当然のような完封負けです。誰も驚かない当然として受け入れられた完封負けです。金本監督でさえ「163kのスピード、145kのフオークボール誰もが打てるものではありません」とお手上げのコメントを残しています。大谷から奪つた4安打の内鳥谷、西岡、福留の三ベテランで三本を記録しているのは勝利につながるものでは無いにしてもさすがというところでしょうか、大谷は野球界の宮本武蔵として多くの野球フアンの夢を満たしています。そのことに誰も異議を唱えるものでありません。それでは阪神フアンの夢はどうなるのですか堂々たる打力での圧勝、堂々たる完封勝利を望んでも野球とは全てその様な結末ばかりでは無いのです。野球のルールで許される全てを駆使したセコイ勝利もあつていいのではと思います。阪神の若手が強振で大谷に立ち向かう勇姿も野球の醍醐味の一つと言えるかもしれません。宮本武蔵の切れ味に立ち向かうネズミ小僧次郎吉夜陰に舞う野球です。私が常に言う大谷の周囲に多くのバントを配し彼を疲れさせるなどなんと垢抜けない作戦かもしれません。しかしその先に勝利の灯りが見えて来るのです。野球は潔い勝ちばかりではないのです。豪快なイメージの金本だからこそやつてもらいたい野球でもあります。私の持論バント多様の野球を笑う人は多いと思います。しかしバントの多くは勝利を確実位するために用いられる野球の奥深い技術の一つなのです。目的のためのバントができなければ未熟の烙印を押される難しいものだと言えるのです。阪神フアンにネズミ小僧小判の恩恵を‼️ウフフフ
posted by マスター at 10:46| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

巨人弱くて放送で困るアナウンサー解説者のバカども

野球界全て球団、選手、マスコミ、果ては野球機構までもが巨人一色に毒された巨人病の蔓延の時代です。其処退け其処退け巨人が通るの時代です。内心はどうあれアナウンサーも解説者も巨人礼賛のおべんちゃらトークで済んでいたわけです。今日もソフトバンク巨人戦が放映されています。試合経過はソフトバンク優勢で進行しています。しかも昨日まで4連敗の巨人です。面白いですね、面白いですね。アナウンサーも解説の前田も苦しそうで言葉少なで盛り上がりを欠いています。なぜこれほど巨人戦の放送が盛り上がらないのでしょう。担当のアナウンサーも解説の前田も真性の巨人病患者だからです。高木なんてヘボ投手がコテンパンにやられています。巨人の劣勢で褒めトークさえできないのです。途中やつと長野のホームランで一矢を報いましたがこれが巨人の初ヒツトときてはあからさまな褒め言葉ははばかります。ハハーン、こうして見てくると巨人を喜ばせてくれるのは昔から連んできた仲良し阪神ぐらいじゃないの!その我が阪神は札幌で大谷さんの163k に当たり前のようにキリキリ舞いです。
posted by マスター at 10:42| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フアンというものはいつもそうあることを望んでいるのです

交流戦も後に対戦六試合を残すのみとなりました。今年もまたパリーグが圧倒的強さでセリーグのペナントに重要な影響を及ぼしています。当の阪神も4チームと対戦して4勝8敗と完全に交流戦トラップに嵌つた形です。残る対戦相手がパリーグの優等生ソフトバンクと愚図、バカ野球を繰り返すオリツクスです。ここでソフトバンクが待ち受けているとは阪神にとつては弱り目祟り目か?セリーグのペナントのハンデにならない様に6連勝で交流戦を10勝8敗で締めくくる可能性に挑戦してほしいものです。
posted by マスター at 10:16| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月12日

メッセも藤浪ももつと走つて下半身の強化を!

メジャーエースの待遇を得ている投手にヤンキースの田中、レンジャースのダルビッシュが居ます。その他岩隈、前田ら確たるローテーション投手として重きをなしています。彼らに共通しているものは右打者に対してのストライクゾーンの最下点から鋭く逃げる変化球に切れを持つていることです。今日のメツセンジャーが阪神の連敗を阻止してくれました。メツセも好不調の激しい投手です。アウトコースの変化球を駆使する投手の一人ですがよほどこの切れとコントロールがよかつたものと想像出来ます。好不調の波さえなければ15勝は容易い投手のはずです。それが未だに達成できないのですからその地力は推して知るべしです。連敗を阻止してくれたメツセには失礼な評価ですが、彼と藤浪に安定感が有れば今頃阪神は負け越していませんよ、藤浪も打者の背中を通る様なボール球を連発するときがあります。先日もこの球が原口のパスボールを誘発しました。大リーグで活躍する投手たちにくらべ大きく劣るところです。右打者のアウトコースにビシリと決まる空振りを誘う球を習得できない藤浪に大投手への成長はないでしょう。ロッテ戦では投球後に盛んに頭を捻つていましたが、頭を捻りたいのは我々フアンの方です。いろいろ好きなこと言つていますがメツセと藤浪に未調整が続けば阪神に良いことは起こりません。このままだと藤浪のウマズラはただのバカズラとなつてしまいますよ、今永に対して恥ずかしくないの?アホンダラめ!ひとまずやつてくれたぜメツセンジャーそれにしてもソフトバンクの強さは群を抜いているものです。卓越した情報網を持ちその上潤沢な資金力でのもとで行われる補強は全てに無駄がなくますます強力なチームとして完成度を高めています。王、長島のいた巨人の強さを彷彿とさせます。せリーグのドングリぐちゃぐちゃペナントを勝ち抜いたとしても日本シリーズではソフトバンクにワンパンチKOの憂き目を見るimage.pngことになるでしょう。負け慣れした我がタイガースはさして悔しさは感じませんが、インチキを駆使してまで球界の盟主を気どつてきた読売巨人さんには耐えられない悔しさでしょう。時代は今やソフトバンクの天下です。時代は変つたのですナベツネさん!
posted by マスター at 10:53| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

藤浪の乱調で一挙に不安が表面化した阪神の投手力

メジャーエースの待遇を得ている投手にヤンキースの田中、レンジャースのダルビッシュが居ます。その他岩隈、前田ら確たるローテーション投手として重きをなしています。彼らに共通しているものは右打者に対してのストライクゾーンの最下点から鋭く逃げる変化球に切れを持つていることです。今日のメツセンジャーが阪神の連敗を阻止してくれました。メツセも好不調の激しい投手です。アウトコースの変化球を駆使する投手の一人ですがよほどこの切れとコントロールがよかつたものと想像出来ます。好不調の波さえなければ15勝は容易い投手のはずです。それが未だに達成できないのですからその地力は推して知るべしです。連敗を阻止してくれたメツセには失礼な評価ですが、彼と藤浪に安定感が有れば今頃阪神は負け越していませんよ、藤浪も打者の背中を通る様なボール球を連発するときがあります。先日もこの球が原口のパスボールを誘発しました。大リーグで活躍する投手たちにくらべ大きく劣るところです。右打者のアウトコースにビシリと決まる空振りを誘う球を習得できない藤浪に大投手への成長はないでしょう。ロッテ戦では投球後に盛んに頭を捻つていましたが、頭を捻りたいのは我々フアンの方です。いろいろ好きなこと言つていますがメツセと藤浪に未調整が続けば阪神に良いことは起こりません。このままだと藤浪のウマズラはただのバカズラとなつてしまいますよ、今永に対して恥ずかしくないの?アホンダラめ!ひとまずやつてくれたぜメツセンジャーそれにしてもソフトバンクの強さは群を抜いているものです。卓越した情報網を持ちその上潤沢な資金力でのもとで行われる補強は全てに無駄がなくますます強力なチームとして完成度を高めています。王、長島のいた巨人の強さを彷彿とさせます。せリーグのドングリぐちゃぐちゃペナントを勝ち抜いたとしても日本シリーズではソフトバンクにワンパンチKOの憂き目を見ることになるでしょう。負け慣れした我がタイガースはさして悔しさは感じませんが、インチキを駆使してまで球界の盟主を気どつてきた読売巨人さんには耐えられない悔しさでしょう。時代は今やソフトバンクの天下です。時代は変つたのですナベツネさん!
posted by マスター at 10:27| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青柳は大した投手じゃなさそうだ実物見てガックシ

今日は青柳が投げるというので楽しみにしていました。ドラフト五位にしては拾い物で一軍でのデビューも意外に早いのではないかとも言われていました。それを実証する様に先日早くも今季の初勝利をあげました。6回ぐらいまでは綺麗な投球内容を期待したのですが、ところがそのピッチングを見てガツカリです。先頭打者を簡単に出すは、フオアーボールは出すはスピードがあるわけでなしアンダーハンドそのものが武器になつているとも思えない投球振りです。ピッチングが冴えないせいかダンゴ鼻で口が盛り上がる馬鹿面が目立ちます。良い投手の面体ではありません。後でピンチに出てきて抑えどころかタイムリーを食らう榎田に顔もよく似て投手としての程度も同じクラスといつていいでしょう。とても即ローテーションなんて玉ではありません。思い出します昔葛西という凡庸のサイドハンドの投手がいたのを、阿保の榎田のおかげで2ー6と試合も決まりかけています。アーアー借金も今シーズン最多の2になりそうです。戦う戦力の模索中とは言えズルズル行くなよ!明日は雨だそうです。今日はつきりしたことは青柳はとてもローテーションを任せられる代物ではありません。放送中アナウンサーが「阪神の投手は右左揃つていて素晴らしい」なんてど素人みたいなことを口走つています。どこを見てんだよ野球音痴アナウンサーめ!阪神の左の中継ぎは左の鈴木大地に10割のトホホです。
posted by マスター at 10:09| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伊東監督を舐めたらあかんぜよ!

阪神は伊東ロッテ監督にいい様に遊ばれてしまいました。2005年の日本シリーズの悪夢が蘇る悍ましいロツテスタジアムオーメンでした。金本も超変革の大事業の最中で大きな壁につき当つたと云つていいでしよう。交流戦の成績が色濃く影響するペナントでこ の3連敗を挽回いするのは大変でしょうが、通らなくてはならない道です。舌なめずりしているヤクルトの当面の標的になつてしまいました。しかし阪神のスターテングメンバーをよく見てください原口、高山、陽川、横田、北条(指名打者制もあつて)江越、板山と並んでいます。昨年までを考えれば二軍戦のメンバーと見紛うものです。しかし超変革を目指す金本にとつては必要不可欠の未来戦力でもあるのです。このメンバー以外は鳥谷、西岡,福留、ゴメスです。この四人には各々述べてきた理由で既に優勝を牽引するパワーは残つていません。タイガースは今まさに取りかかつている超変革の次世代戦力の成長に全精力をつぎ込まなくてはならないのです。伊東監督もひところは阪神の監督候補(当時私は大賛成)となつたほどのキャリア(優勝経験)豊かな人材です。金本も先輩に一揉みされたということでしょう。阪神が球団としてやらなければならないことを考えればこの3連敗は非難の対象にしてはなりません。めげずに進めヤングタイガースです。それにしても藤浪のヨレヨレ振りは気になります。金本のしている努力に罵声を浴びせても阪神フアンに何のプラスもありませんよ!
posted by マスター at 10:05| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5連敗で驚いていては阪神フアンはやつてられまへん

阪神フアンには月夜もない暗黒の5連敗です。まこと精神衛生上よろしかざる一週間ということです。しかも5連敗目の昨夜は7安打の日ハムに対して倍の14安打ししながらサヨナラ負けという最悪の結果です。説明のしようのない負け方が阪神の厳しい現状を物語つています。藤浪も負け、岩貞でも勝てず連敗阻止をする投手が見当たらなくなりました。若手を矢面に戦つてきた阪神としてはこの方針を貫かなくてはなりません。この苦しさを若い戦力の糧にしなくてはなりません。金本監督も試練の時と言えます。私個人としては上本(怪我と聞いてますが)などが超変革(新戦力の発掘)の政策上その勝負を動かす鋭い感覚が犠牲になつている様に思えて少し残念です。今成も良太もその一人と思えます。しかしその犠牲を全く無駄にしているとも思えない高山以下の新鋭の活躍です。今日の藤川の被弾は彼が昔日の藤川でないことを残酷な現実として突きつけられたものと言えるでしょう。藤川をなじるより彼の心に思いをいたすより仕方ないでしょう。いつもいう様に阪神の投手陣全体の備えの甘さが際立つてきました。金本監督を鞭打つことも結構ですが、阪神球団が真摯にこの問題に取り組まない限りフアンの悲憤慷慨は止まることはないでしょう。鵺の様な阪神球団、フアンとの間に横たわる溝の修正にいつ本気で取り組むか?あの史上最低の巨人すら7連敗を6連勝で取り戻したのです。阪神にも真似できないことではない様な気がしますが、如何に如何に!朝の来ない夜はないのです。
posted by マスター at 10:03| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月08日

⁉️

西武戦以来ノーアウト一、二塁にバントを4回も失敗しています。両試合とも一点差の大接戦です。これでは勝てるわけありません。
posted by マスター at 12:24| Comment(1) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界で通用するゴルフとは何か?

先般の日本プロゴルフチャンピオンシップを見ていましたが、久しぶりで日本では見応えのあるトーナメントでした。何よりも難しいコース設定がその面白さを倍増させていたといつていいでしょう。スポーツはフエアー あものです。優勝の機会は選手に平等にあるものです。解つていてもばん度韓国の選手が優勝していたのでは 観る気も失せるというものです。幸い今回の厳しい戦いに勝利したのが日本人の初優勝者塚田選手だつたのですー危うくヘイトスピーチの誘惑に駆られずにすみました。それほど日本のトーナメントは男女とも韓国選手の蹂躙を許してきているのです。世界5大トーナメント再開実力の面目躍如というものです。世界で活躍できる可能性を持つ日本ゴルファーは男女とも一人か二人の細々さです。そこのすける感のある新生塚田が現れました。アゲインストロングホールセカンドをロングアイアンで地を這う様なしかもフエードの 日本人離れのショットが打てる のです。そのアドバンテージが彼に優勝をもたらしたのです。このスケール感なくして世界のゴルフに太刀打ちはできません。塚田選手の今後は大いに期待できるのではないでしょうか、胸の好く日本選手の優勝でした。キムヒョンテは既に賞金8千万を超え二位に倍増のリードです。恥ずかしくないのか 日本の田舎青年団コンペの選手諸君⁉️
posted by マスター at 11:13| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

原口よ万難を排してオールスター の出場権を取れ

原口が東京遠征に出る写真が今日のデーリーに原口が東京遠征に出る写真が今日のデーリーに載つています。すごくでかく見えます。ユニホーム姿が大きく見えるのならわかりますが私服姿にもその素材の良さが出る選手は珍しいのではないでしょうか、世評には田淵の再来とか、城島のようだというのもあります。私が見る限りでもその雰囲気が伝わつてきます。彼にとつては過重な期待でであつても名誉なことでもあるのです。スターの階段に手をかけたわけですから、私にも充分伝わつてくるものがあります。この評価が結実すれば阪神の自前の選手としては久しい球界を代表するレベル(サムライジャパン級)の選手ということでしょう。一部のフアンが熱烈に支持していた鳥谷ですら球界一のショートに列せられたことはないのですから、原口の現状こそタイガースドリームなのです。それを裏ずける様に月間MVPに選出されました。一月で打つた彼の5本塁打は私の持論ではシーズン30本の可能性を持つているということ に成ります。鳥谷に代表されるジリジリ、チマチマした阪神とはオサラバの起点 になるかも知れません。選手としてのトータルの可能性を金本も掛布も充分認めているところも原口にとつては心強いことでしょう。しかし彼は捕手です。常時出場が可能ということは毎試合のリードという課題ものしかかつてくるわけです。そのせいもあり、好調だつた打撃に 波が出てきました。過大な期待の重圧は彼自身が撥ね除けていかなくてはなりません。まずオールスター出場のハードルを飛び越えることです。そのことで得る彼の財産は三桁の背番号を味わつた原口には途方もないものとなるでしょう。なるかオールスター出場の栄誉、私たちも楽しみでなりません。 皆さん考えてみて下さい。昨年までのオールスターは推薦出場の選手すらいない我がタイガースです。今年は違いまつせ、まだわかりませんが藤浪、岩貞、高山にも可能性があります。これぞ明日の金本阪神の可能性と言えるのです。話は違いますが、矢野さんが二回しかオールスターに出ていないのは意外でした。さて今日のロッテ二戦目に先発する青柳、投手として美しい記録を残せるか 馬鹿の秋山の様な投球で終わるか目を見開いて注目しましょう。
posted by マスター at 11:09| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

二、三年先に目を据えた投手陣の再編を

チームから見てもフアンから見ても勝利感のある投手をエースというのです。悔しいですがセリーグで今そのオーラを持つているのは巨人の菅野投手でしょう。プロの選手である以上全て自分のためというのは当たり前です。菅野のピッチングにはそのプライドが溢れています。それにもまして巨人のためにの気迫が横溢しています。菅野から受ける精神的なプラス面は高木や田口ら私から見たら並の投手に、好影響をもたらしていることも事実です。今の阪神と巨人の投手陣の差は極論して藤浪と菅野の内容の違いにあると言えます。タイガースはメッセと能見が高齢化して多くを望めない存在になりつつあります。早く投手陣全体の(新ローテーションの為)新しい編成を急がなくてはならない時にあります。幸い岩貞が頭角を表してきました。西武戦には乱調でしたが全てのピッチングカテゴリーは立派なローテーション投手としての安定を見せています。横山も中日戦に2勝をあげるなどマグレとはいえない片鱗を覗かせました。しかし期待されたヤクルト戦ではメツタ打ちにあつてしまいました。これではダメなのです。これでは秋山になつてしまいいます。 チームとしても信頼が置けません。聞くところによると左腕に異常ありとか、同情に値しますがそんなひ弱では先が思いやられます。捲土重来を期待してやみません。岩崎も安定した投球を見せています。直球でバシバシ行く投手ではありませんが捕手に一番近いところで球離れする彼のピッチングは充分能見 の後継者(安定感という意味で)たりうるのではないでしょうか、青柳もめでたく一勝をあげました。近年では珍しいサブマリンタイプです。球威があれば今後楽しみな存在位です。でも1勝だけではダメです。次も次も責任回(先発投手らしく)数を綺麗に投げ切ることで初めてチームやフアンの信頼を得られるというものです。なぜなら秋山、二神、鶴、岩本、歳内、小島とプロで栄えある1勝をものにしながら未だに惰眠の夢から覚めない投手はもう不要なのです。新しい阪神投手陣への夢は今広がりつつあります。これを実現するためには藤浪が菅野に等しい阪神のプライドを代表する様な投手に成長するか否かに関わるということを私は言いたいのです。広島もジョンソンにソフトバンクもハンデンバークに3年契約を提示して引き止めにやつきです。阪神もそのクラスをメッセの代わりに探す根性を見せなくてどうするの?
posted by マスター at 10:57| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする