2016年05月03日

金本よ周囲を気にせず蛮勇を振るえ

阪神の序盤戦は15勝14敗と辛うじて5割の水面から顔を出して終わりました。まだ首位の広島とも2ゲームの差しかありません。順位をとやかく言うときではありません。広島の好調には驚きますが、ヤクルトも山田のホームラン数が増えるのに添つて順位を勝ち星をのばして来ました。私が見ていた通り史上最底の戰力の巨人がスローダウンしてきました。何れにしても昨年を上まわる混戦になるのではないでしょうか?故にDENAのように大きく負けこと優勝争いの権利を失うことに成り兼ねません。この時点で金本采配に色々クレームやイチャモンが多発しています。金本が起用する新鋭の活躍に「彼らを育てたのは金本じゃない」なんて投稿が来ます。これは単なるイチャモンに過ぎません。ご本人はどんな監督を望んでいるのでしょう。恐らく金本が嫌いなのでしょう。岡田を始めデーリーのカネをかけてない評論家が金本についていろいろなことを発言しています。今金本はこの一際を気にする必要は有りません。掛布と相談して己のチームハンドリングに邁進すればいいのです。阪神のスカウトはドラフト一位以下の選手選択がなつていません。広島などに比べてもその緻密さは劣ります。選手の選択には多くの情報、を得ることです。こんなことにも阪神は汗のかき方が少なすぎます。今後は現場と何度も協議を重ねて新人選手の導入発掘に励むべきです。そうすることで選手を真剣に見ている金本と掛布の目が大きく生きてくるものと思われます。何年も何年も芽の出ない選手の原口にもチャンスを与え一軍でもヒットが打てることを証明させました。まさかkーkが情けで引き上げたわけではないでしょう。阪神は間違いなく良い方向を目指せて歩んでいます。金本よ一生涯阪神の監督をやるわけじゃないのだから周囲を気にせず思い切りの采配を振ればいいのです‼️ーq
posted by マスター at 10:10| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

能見の好不調の波は引退への序章でなければいいが?

6ー1を逆転した立派な勝利です。もつと喜んでいい筈なのに何か気持ちが浮き立つてきません。先発能見のいきなりのKOは単なるKOでなく複雑なものを想起させる
からです。近代は投手の寿命も大きく伸びています。特に長けた一芸の技術(特に速い直球、卓越したコントロール等)を持ち合わせていたらマウンドでの信頼を40歳を越えて持ち続けることも可能な時代なのです。広島の黒田を見ればお分かりでしょう。しかし能見のこのところの波のある好不調は一気に引退を示唆するものになる可能性があるのです。総合的に優れた投球術を持つている投手ではありますが体力面では特別スタミナに優れている投手とは言えません。全体的に感じるひ弱さが一気に球威を失わせ引退を引き寄せる危険はあるのです。もちろんそうでないことを望みますが、その覚悟をもつて能見の今後を見る必要がありそうです。藤川にも同じ現実が差し迫つています。今季二人で20勝も期待(球団の計算は)されている投手陣に纏わる現実の不安です。とても強固な投手陣だなんて呑気なことを言つていられる ものではないのです。早急な岩貞の確実な独り立ちが望まれます。福留、鳥谷を除けばこれが阪神かと思うようなスターテングメンバーで戰つているタイガースです。投手陣も今一人二人のローテーションを任せられる新顔投手の出現が待たれる状態です。それは岩崎か、守屋か、横山か?p
posted by マスター at 10:07| Comment(2) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岩貞に一流投手への品格あり

、投げ終えた姿からズバーンという音(イメー、投げ終えた姿からバーンという音(イメージとして)が聞こえてこない投手は超一流とはいえな、投げ終えた姿からバーンという音(イメージとして)が聞こえてこない投手は超一流とはいえないのです。まだ記憶に新しい松坂の全盛時代を思い出してくださ言えます。その後のダル ビツシュ、大谷、菅野、我が藤浪も入れてその投げ終えたフオームからは等しくバーンという音が聞こえる様です。勿論ピツチャーの良し悪しはスピードだけでないことは確かでが、150kが出いようではもはや超一流にはなれない時代でもあります。昨夜の岩貞のフィニシュからは微かにバーンという音がイメージされました。特に6回のノーアウト三塁 のーピンチを切り抜けた時にバーンという音は大きくなつた様に感じました。今までの阪神の若手投手には見られなかつた鬼気迫るも のを感じました。私が持つ一流投手へのイメージを充足させるには充分のものでした。これで間違いなく岩貞は阪神に久しいローテション投手の誕生となるでしょう。まだ150kは出ていませんがそrえを補うプライド充分のピッチングはこれからが楽しみです。どんどん良くなるホツケの太鼓、きくところによると横山も一軍で あげるみたいです。岩貞に続く 二匹めの泥鰌なるか?楽しみ多きタイガースの一試合、一試合であります。いのです。まだ記憶に新しい松坂の全盛時代を思い出してくださ言えます。その後のダル ビツシュ、大谷、菅野、我が藤浪も入れてその投げ終えたフオームからは等しくバーンという音が聞こえる様です。勿論ピツチャーの良し悪しはスピードだけでないことは確かでが、150kが出いようではもはや超一流にはなれない時代でもあります。昨夜の岩貞のフィニシュからは微かにバーンという音がイメージされました。特に6回のノーアウト三塁 のーピンチを切り抜けた時にバーンという音は大きくなつた様に感じました。今までの阪神の若手投手には見られなかつた鬼気迫るも のを感じました。私が持つ一流投手へのイメージを充足させるには充分のものでした。これで間違いなく岩貞は阪神に久しいローテション投手の誕生となるでしょう。まだ150kは出ていませんがそrえを補うプライド充分のピッチングはこれからが楽しみです。どんどん良くなるホツケの太鼓、きくところによると横山も一軍で あげるみたいです。岩貞に続く 二匹めの泥鰌なるか?楽しみ多きタイガースの一試合、一試合であります。ジとして)が聞こえてこない投手は超一流とはいえないのです。まだ記憶に新しい松坂の全盛時代を思い出してください。その後のダル ビツシュ、大谷、菅野、我が藤浪も入れてその投げ終えたフオームからは等しくズバーンという音が聞こえる様です。勿論ピツチャーの良し悪しはスピードだけでないことは確かですが、今日び150kが出いようではもはや超一流にはなれない時代でもあります。昨夜の岩貞のフィニシュからは微かにズバーンという音がイメージされました。特に6回のノーアウト三塁 のピンチを切り抜けた時にズバーンという音は大ホーンを増した様に感じました。今までの阪神の若手投手には見られなかつた鬼気迫るも のを感じました。私が持つ一流投手へのイメージを充足させるには充分のものでした。これで間違いなく岩貞は阪神に久しいローテション投手の誕生となるでしょう。まだ150kは出ていませんがそこを補うプライド充分感じるピッチングはこれからが楽しみです。どんどん良くなるホツケの太鼓、きくところによると横山も一軍で 投げるみたいです。岩貞に続く 二匹めの泥鰌なるか?まだいるぞ次世代ヒーロー楽しみ多きタイガースの一試合、一試合であります。Q
posted by マスター at 10:00| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

陽川who‼

image.png
posted by マスター at 08:25| Comment(0) | 似顔絵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする